忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

 お元気ですか。

移動中にアメを舐めるのに密かな楽しみを見出している。
小さい贅沢と呼んでいる。 以前は、決してこんな習慣はなかった。

とてもお世話になっていた方が、いつもアメを持ち歩いていた。 自分用ではない。
「ハイ」と大人の女性の声で、真っ白な美しい手で、誰かにあげるのだ。 趣味の良いバッグから優雅に取り出されるアメ達も、値段以上に美味しく感じられる。

その頃、やはり、かなりお世話になっていた方が大のアメ好きで、私が疲れていると見るや、黒アメとかカルミン(!)とか仁丹(!)などを分けて下さった。 今より数才若かった私は、生意気にも、このアメおじい様に反対意見を述べたりしたものだ。 
だが、アメは別。

ある日、久々にアメおじい様とバッタリ会った時、たまたまアメを持っていた私。 
プロポリス入りの珍味なアメだったので、差し上げたところ、満面の笑み! 
こっちも嬉しい♪ 
以来、珍しいアメを買ってしまったり、持ち歩くようになった。 混んだバスの中で咳き込んだ時は超便利。 
森川プロポリスキャンディー、オーサワの玄米キャンディーなどがお気に入り。

今年の冬、そろそろ90才を超えた頃かと思われる、アメおじい様を見かけた。 
玄米キャンディーのバニラ味もしょうが味も持っていたので、大チャンス。 後ろから、お名前を呼んだが聞こえないらしい。 デッカイ声で「はいっと」(津軽弁の、はいどうぞ)。 落としたら困るので、皺深い手にガシッと握らせた。

 アメちゃんやで~♪

高野山からの帰り、堺東の駅近くの商店街でのこと。
1,100円のバッグというか袋を、15分もかけて選んでくれたオバチャン。 とっても親切にしてくれた上に、店を出た私を呼び止め、「大変や。 アメちゃんを忘れとったでぇ」。 1個くれるのかな?と思っていたら、ザル(アメが山盛り)から一握り。
「すっご~い! 本場のアメちゃんだ~♪」
\(^O^)/ \(^O^)/ \(^O^)/ホントにこんな感じで大喜びした♡
PR

お元気ですか。

先週は、多くの心温まる言葉をかけて頂き、胸が一杯になってブログを書けなくなった。 その言葉をかみしめると、ご縁のあった色々な方の面差しが浮かび、ポチっと涙がこぼれたりした。 

今日はブログを書こうと思い、買い物を済ませて歩いていると、おやまあ!懐かしい人とバッタリ! ご近所だが5年は会っていないなあ。 互いに手を握り合って、涙をこぼさんばかりに感動の立ち話。 こんな事が続いている。 路上で会う、電話が来る、メールが来る、しょっちゅう会っている、たまに会う、ずっと会っていない。 
差異がなく、人の存在そのものが心と身体に響いて沁みる。

一昨日の日曜午前、Amazonから本が届いた。 
約350ページあり、29章で構成されている。 これを、1章ずつ区切って読んだ。 
その度に何かの用事を済ませ、また読んでは閉じ、別の用事を済ませるといった風に。 もちろん夜までかかった。 28種類の用事を済ませたことになる(笑) 家事一般、電話、ゲーム、PC作業様々、ヨガ、眠り、お茶。 GWの遠征の支度もし始めたので楽しい忙しさだったが、28種類って笑える。
複数の事を同時進行させたほうが集中しやすいタイプなので(-_-;) 
それにしても感動的な本だった。

 風船かずらの種&ハーブティ♪

こんな日は、一服が格別だ。
ハーブティは、コクコクと味わいながらゆっくり楽しむもの。。。そう思っていたが、ガブ飲みもイケる。 一口ゴックンすると、身体が「早く飲んでくれ~」と言う。 最後の一口くらいに我に返る。 「中身は何だろ?」 
ヨガ仲間の聡美ちゃんがブレンドしたハーブティの中に、この類のものがあり、頼もしい味方となっている。 そして、人それぞれのヨガへの想いが私の心身に響き、ハーブテイを巡る数々のエピソードに笑みがこぼれる。

GWの遠征。 今年は2回だ(笑)
花が咲き始める前に、人の心に咲いた花を見たような心境だ。
その花の美しさ、舞い踊る空間の広々とした様。
輪が広がる。 風が吹く。 まずは今週、富士山の見える場所へGOemoji

お元気ですか。

雲ひとつない青い空だ。 
・・・と書いたところで、外に出てパシャッと一枚撮ってくる大人のオンナの余裕。
何もない空に、運よく綺麗な光が入る幸運♪

撮りたてホヤホヤ♡

ハーブティをプレゼントされることが多い。
その度に嬉しくて、新しい美味しさに感動しちゃう。
そして、決して大それてはいないが、細やかな人の心の美しさに触れるような、さり気ない日常の幸福や出会いに広がっていく。 ハーブティの輪。
まずは、発端となった有楽町界隈のことを書こう。

昨年の5月、秋田のヨガ仲間=まりちゃんが、有楽町イトシアにある「ハーブマルシェ」に連れてってくれた。 綿本ヨーガスタジオに立ち寄る際、有楽町の駅も便利だよ~という話題になって。 で、ハーブティをお土産にしたらいいよ~と。
種類や量に驚いた。 試飲で満腹。
それ以前までもハーブティは好きだったが、ここで、お土産として購入&ヨガクラスで皆で飲むということをキッカケに、何かの扉が開いたかもしれない。

確か、初回は5月のブレンドみたいなのを買った。
お次は、ニューレディスディ。 どちらもローズ入りのオシャレな味。
更なるお次は、ハーブイブニングティー。 爽やか。
最後に(それ以降行っていない)、夏しぼりというブレンド。 ゴクゴクと飲んでしまった。 回復と補給を一気にしちゃった感じだ。 ルイボス、バードック、フェンネルetc。

有楽町の駅付近は、彷徨いやすい。 上野や東京より体力を消耗しない。 
イトシアのフードアベニューも、入る勇気を消耗しないタイプの店が並ぶ。
ちびっと知った有楽町、という程度である。

頻繁に上京している、とある男性。
イトシアを知っているかと問われたので、YESと答えた。
では、フードアベニューのお茶漬け屋を知っているかと問われた。 もちろんYESだ。
すると、その男性は言った。 「気になるけど入ったことがない。 入りづらい」と。
私は勝利を確信した。 しかし傷つけない口調で言ったつもりだ。
「食べたことありますよ。 たった一度だけですが」と。
予想外に驚いたらしく、何を食べたか? とうやって注文するのか? 
質問攻め=勝利のインタビュー。
人生においての珍しい勝利。 ハーブティに大感謝だ\(^O^)/

お元気ですか。

今シーズン初の自転車に乗り、春の開放感を感じた昨日。 今日は寒くて雨から雪に。

回想しているのは5年前の今頃。
数回のヨガ遠征を経て、綿スタには度々癒されに通おうと決めていたが、綿本先生のレッスンはあきらめていた。 ならばせめてWSだけでも一度受けよう!
2009年4月、ヨガスタジオ・ロータス8にて綿本先生のWS「バンダ入門」。
前半は講義だった。 
ん? この人…何か私に似てない?というのが正直な&おそれ多い感想だった。
(生意気ですみません) 何がっていうのもわからないが、何となくそう思っちゃった。
そんな雑念を吹き飛ばす感動の嵐。 
ヨガやってて良かった~と当時の日記も喜んでいる、講義編。
後半のアーサナ編は本格的なパワーヨガ主体だった。
汗だくで、ついていくのがやっとなのに、周りは慣れている感じ。 自分だけ置いてけぼり感で惨めだった。 それでも最高のWSだった。
複雑だった。 喜びと、絶対に弟子になれない(と思い込んでいた)あきらめ。

未練がましい私だったが、幸い当時の仕事が楽しく、スダルシャンクリヤ呼吸法で日々のヨガが充実した。 毎日、少しでも瞑想するようになった。 
偶然、十和田市に、この呼吸法のフォローアップをして下さる先生が誕生した。
同じ年の彼女に会い、意気投合。 嬉しかった♪
彼女は、インド人の先生をお招きし、私を含め多くのヨガ仲間に感動を与えた。

コツコツと頑張るうちに、やはりあきらめきれない思いがフツフツと湧いてくる。
綿本先生の指導者トレーニングが、6月になってもまだ募集中だった。
8月=前期と10月=後期にそれぞれ10日間。 何とかなるかもと思い始めた。
何とかなってしまった。
首を痛めたり、漆にかぶれたり、義母が倒れて我家に引き取ったり。
それでも指導者トレーニング合宿に、辿り着いた。
ある人が言った。 「ヨガして360度変わったわ~」
あの運命の合宿で、取り戻した。 自分の姿を。 そんな感じだ。

本当は、フェルデンクライスのことを回想シリーズに盛り込んで書こうと予定していた。
「他人の声」と題して。
でも、先ほど、合宿で一緒だったヨガ仲間が入院したと知った。
混沌としてしまい、今日は書くのをやめようと思った。
せめて太陽礼拝した。 気分が落ち着いてきた頃、電話が鳴った。 
美しい声と日本語。 ミャンマーのガイドさん=タンエーさんだった!
一年間、日本に滞在するという。 互いに喜びにあふれた。 絶対に会いたい!
そうだ、この喜びは、きっと入院している仲間に伝わる。
大丈夫だ! つながっている。 
なこさ~~ん! 
ミャンマーの人が電話くれたよ~! また一緒に太陽礼拝しようね~!      
お元気ですか。

気温が10度を超えると暖かい。 ストーブなしでも快適だ♪

過去の事をザザザッと書いている。
東京にヨガ遠征に行くついでに、今まで気になっていた事も体験&勉強していた。 
ヨガに関しては、綿本ヨーガスタジオで初めて体験レッスンを受けた際に、「ここがいい!」とはっきりしっくり決まった。 定期的に通おうと。 綿本先生のレッスンでなくても(滞在日数の関係で無理だった)満足だと。 それが2008年の暮れ。 この時はアレキサンダーテクニークの体験もしている。

次回はいつにしようかな~と計画を立てていたら、妙に目に止まったのが「スダルシャンクリヤ呼吸法」。 自分の呼吸が浅いと思い込んでいたので、2009年2月にGO。 せっかくなので綿スタにも行き、アレキサンダーも再度、という積極派。
2度目の綿スタで、初めて綿本先生を見かけた。 隠したつもりだったが、私のコーフンを察した周囲の人達が、「せっかくだから声をかけてきたら?」
と、と、とんでもない! 想像以上に背が高くて驚いてしまったのだ。 そして、「カッコ良くて困った」と当時の日記に書いてある(-_-;)

で、三日間のスダルシャンクリア呼吸法に参加。 
日記によると、初日→あまり疲れて、というか上手くできなくて、電車の乗り継ぎもメンドーで、ドドーンと落ち込んだ。 かなり。 すさまじく!!
二日目→喜びと驚きとで何が起きたかを自覚できなかった。 呼吸法で喜びに浸り、頭のどこかがボーゼンとしている。
最終日→懐かしさ、切なさ、うれしさ。 奇跡のような日々、ハグ、愛。
どれだけ感動しちゃったのか(笑) 
日々の呼吸法と瞑想を得た。 
そして、自分がどんなYoga を伝えたいのかが明確になった。 アーサナが好きだ~!

嬉しい青♡

苦手だから。 下手だから。 欠点だから。
補いたいと思って、都会を走り回った。
操体法も、アレキサンダーも、外反母趾研究所も、呼吸法も。
誰も私の弱点を悪いものとして扱わない。 そもそも呪いは自分がかけていた。
都会の声は、限りなく優しかった。 田舎モノで良かった!
不思議な偶然が増えた。 いい感じのコーフン。
いつも聴いていた曲の歌詞の素敵さに気づいた。
FANTASY」ありがとうemoji
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜・木曜とも満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 6 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]