忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
お元気ですか。

6月最初の日、初夏到来バンザイスペシャルとして、今日は「とある男性」になったつもりでホノボノとした日記を書きます。 (5月の懺悔の男性とは別…多分…)

カレコレ25年は経った。 ひょっとして30年近い昔の事かもしれない。 あの日、私は横浜市の銭湯にいた。 繁華街にある銭湯だ。 男湯の脱衣所には確か4~5人。
春の日の夕方だった

入口の戸が開き、客が入って来た様子だ。 「シャンプーします」(洗髪は何十円か別だった) 高らかな女性のような声がした。 ふと番台を見れば、赤いハンテンの小柄な人物。 チョンマゲを結っている。 まあ今日日の若い男性は色んなのがいるから、と思った。 しかし、番台の男性の丸く開いた口が一向に塞がらない。 

その小柄な人物は鏡の前に陣取った。 顔が見えたがどうみても男に見えない。 女? そんな馬鹿な

番台の男性&脱衣所の我々の時間が止まった。 何をすべきか。 赤いハンテンを脱ぐと、ベージュのトレーナー=ネコの絵。 性別の決めてにならない。 トレーナーも脱いだ。 白いTシャツ。 胸がアル! 女性か? いや女装か? 
状況はある種のピークを迎えた。

20才そこそことおぼしき彼女or彼は、いきなり振り返って我々を見渡した。 とても驚いた様子だった。 ということはやっぱり女? 彼女は何事もなかったかのように、服を着始めた。 我々の時間は止まったままだ。 そして「シャンプーしません」と言って、番台にそのままになっていた自分のお金をムンズと掴み、出て行こうとした。 

続きがある。 新たな客が入って来た。 彼女の知り合いらしい。 
「お前、ナニしてんの?」 と聞かれた彼女は、確か「別に何も」と答えた。 

「別に何も」って、そんなアンタ 都会の銭湯。 人生色々。 君、元気にしてる?



ご迷惑をおかけしました。 いつもの銭湯と入口が逆だったので間違えました。 
ビックリしちゃいました



PR
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜・木曜とも満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 6 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]