忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147

お元気ですか。

紅葉の八甲田山に行って来ました 予想外の展開でした。 息子と二人、軽いハイキングのハズが、疲労困憊と気分爽快の体験となりました。 14日、日曜日の事です。

八甲田周遊バス券で、酸ヶ湯まで。 ご近所のNサマとばったりと会う。 「山」素人の我々は、道路を歩いて睡蓮沼でのんびりし、猿倉か谷地温泉でまったりする予定。 幸せ気分で山の秋を満喫し、もうすぐ睡蓮沼という頃に右手に赤い鳥居。 石倉神社。

「鳥居だけでもくぐろうよ♪」 キャッキャッとはしゃいでいたら、雰囲気のあるオジサマが現れ、この数メートル先にお社がある事、更に20分も登れば山頂付近は見事な見晴らしな事を、教えて下さった。 ま、数メートルだけならね。

DSCF0632.JPG藪を越えてお社に着くと、次は宇宙人サマ(我々間の呼び名。カメラマンさん)が、やはり、あと20分登るように言う。 かなりの強い説得に登ることを決意。 言われた通りに、要所要所にあるピンクのリボンを頼りに、道なき道をヒーハー登る。 ゴールとおぼしき場所に着く。 蝶か鳥が草を揺らす。 その先を見ると小さいお社(写真はないです)。

 「ありがとうございます」

DSCF0635.JPG別世界 おにぎりとお茶で生き還る。 赤いお社のそば。 標高1,200メートルの石倉岳の山頂付近だ。
印象的だったのは、真っ青な空に、鳥が群れをなし、ひらひらと蝶が舞うこと。 眼下を見るとチビリそう。 ここでは神サマ(こちらもカメラマンさん)が山のロマンを語って下さった。 下山のコツも。 あの時は二度と来るまいと思ったが、こうして数日が過ぎると、再訪に心が向かう。
以下の写真は、その岩山での一こま。 そして紅葉の地獄沼。 

DSCF0638.JPGDSCF0626.JPGDSCF0640.JPG






八甲田。 神様の庭のようだ。 ダイダラボッチがのっそのっそと歩く場所。 蝶や鳥を飛ばしてくれる。 人と人とを会わせてくれる。 帰りのバスで、再びNサマに会う。 「今日の事を絶対に一生忘れるなよ~」と笑顔。 そうか、神は誰にでも宿るのか。

ありがとうございます



PR
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日18:30~20:00(パワー)            
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 6 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]