忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
お元気ですか。

先週の今日=金曜日だった。
午前のクラスが終わった後、高野山へ向けて出発した。 アートオブリビングのパート2コース(沈黙と瞑想のコース)に参加するためだ。
宿坊にて3泊4日という贅沢さ。 高野山の駅が標高867m。 寒さ対策を充分に支度をしたので、荷物が多い(-_-;)  初の高野山への期待より、コースへの想いが大きい。 待ち焦がれたチャンスだった♪ 

伊丹空港から、のんびりと南海電車を目指し、更にトコトコと各駅停車を楽しむ。
前泊の九度山(くどやま)駅に着いた頃は、空に美しい三日月が輝いていた。
駅前商店街を通って旅館へ向かう。 同じ方向に行く方々が、町の説明をして下さる。 
真田一族由来の町である。
高野山にハイキングする場合は、この町からスタートする。 
人形めぐりというイベントの最中だ。 そして真田祭も近い。 などなど♪
「さびれちゃったのよね~」とおっしゃっていた。
店が閉まった商店街の中、一軒だけ服屋さんが開いていた。 はっさくを売っていた。 6個で100円(笑) 1個下さいと言うと断られ、3個タダでくれた。 

「ご自由にお食べ下さい」

ともかくミステリアスな町だった。 ※はっさくは激ウマだったemoji
ぐっすり眠った翌朝は、鳥の声に起こされた。 散歩してから出発だ!

  2mの金太郎さん、何故ここに?
 真田家の家紋、六文銭。

ここから高野山まで、ハイキングで24km。 いつか歩いてみたいな~。 
まさに後ろ髪を引かれる思いで電車に乗る。

コースの開始は午後だ。
お次は、のんびり高野山\(^O^)/
PR

お元気ですか。

今年1月の山梨の風景である。
空気は確かに真冬なのに、日差しは春そのものといった土曜日の朝だった。
甲府からトコトコと電車に乗って、降り立った穴山駅は超無人! 
発券ではなく、乗車駅発行証明機なるものがあった。 

時間に余裕があり過ぎたので散策を楽しんだ。
分厚いコートとロングブーツは、悪目立ちまではいかないが、何たって暑かった。 
手袋も帽子も必要ない。 とっても開放感があった。
お店も人も少ない。 たまにすれ違う人達がニッコリと挨拶をして下さる。
 
あてもなく、ただし、緑を求めて駅から20分ほど離れた。

何故かホッとする

更に何もない場所を歩く。 色んな景色が新鮮だ。

カフェ? こんな場所に?

オーガニックカフェ「おちゃのじかん」\(^O^)/
自家製のベーグルと酵素ドリンク(桑)に感動emoji
日持ちするタイプのパンをお土産に買った。
再び行けるだろうか。
大雪でご苦労をされたと思う。 遠くから祈るばかりだ。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ocha/
お時間のある時に、ブログに遊びに行ってみて下さいな。
美味しいお茶が飲みたくなりますよ♪

お元気ですか。

休日と決めた日に、時間の経つのが遅く感じると嬉しい。
今日は、まさにそんな感じ。 家の中で有意義に過ごした。 

先週末は、研修のため、山梨県の須玉へ一泊。
書きたいことは山ほどあるが、山の写真を貼って済ませようと思う(笑)

富士さ~~ん\(^O^)/

これは、26日の日曜日。
セミナーが終わって、高速バスに乗るべく歩いている時の撮影。
雲をかぶっているが、この後にスッキリとした姿も見せてくれた。
バス亭からゆっくり撮ろうと思っていたら、下のように木に覆われていた(-_-;)

夕陽に染まる富士山と木々(笑)

周囲の山々も美しく夕映え。 
しっかりと景色を目に焼き付け、おしゃべりが弾む。
帽子も手袋もせず、コートの前をはだける。
いい所だぁ~♡
バスの到着が30分遅れた。
その間、変化する夕刻ならではの美しさを一瞬一瞬満喫し、再訪を願う自分がいた。

お元気ですか。

9月最後の週末は、海の向こうの北斗市でWS。 ヨガのWSは心身が休まる。 
主催者のますママこと増野先生、講師のGORI宮下先生、ヨガ仲間の真由子さんと典子さんと合流し、WS前日の土曜日は観光を楽しんだ。 
赤レンガ周辺の教会から色とりどりの風船が空に舞ったemoji  青い空を見上げると、うっすらと虹がいらっしゃる。 それは気づかぬ程に淡い色彩だったが、二つ。 日が落ちるまで空にあった。

八幡坂(チャーミーグリーンの坂)で、5人並んで写真を撮ってもらうことになった。 …と、シャッターを押して下さる方が、私達ではなく別な方向を見て唖然としている。 その方向には、な・な・なんと、仮面ライダー! 聞けば、これからショッカーを倒しに行く途中というのに、一緒に写真を撮るハメになった1号( or  2号)ライダーさん。 謎と爆笑を残し、正義のヒーローは函館の街に消えた。

GORI先生と、音叉やチャイムの話題になった。 「人に鳴らしてもらうと、すごくいいのよ~♪」とおっしゃる。 その時、何かのスイッチが入ったように、心の中が暖かくなった気がした。 楽しみにしているんだな~と、他人事のように思った。

ロープウェイで函館山へ。 宝石とは良く言ったもので、輝くような美しい夜景だった。 冷たい空気も、つめかけている多くの観光客も、街の灯りに住まう人々も、とても平和だと思うと泣けてくる。 五島軒で名物のカレーを食べ、たくさん眠った。 その眠りは何だか風変わりで、心地良く懐かしく、何度も思った記憶がある、「いい眠りだな~」と。

WS当日の日曜日は、函館ハーフマラソンの日でもあった。 空にはユニークな雲がポヤポヤと浮かんでいた。

さて、午前の部。 インヨガとヴィンヤサという内容。 楽しい時間はアッという間に過ぎるというが、インヨガの最中、何呼吸したのだろう。 続くヴィンヤサでは、身体を動かすのが面白くてウキウキ。 気づくと昼食のサンドイッチを頬張っていた。 GORI先生は、ずっと質問や写真撮影に応じていた。(サンドイッチは完食。 良かった♡)
そして、「あら、もう午後の部だねぇ」emoji

笑いヨガで汗をかき、ヨガニドラ(眠りの瞑想)。 最高の組み合わせだ。 笑顔の隣に瞑想。 エプロン姿の隣に瞑想。 GORI先生は何本も音叉を持ってきてくれた。 コシチャイムも2個。 体育館の隅々に、細胞の一つひとつに、音が遊びに来る。 目覚めると何倍も元気になった私達がいた。

函館駅で再会! 「とー!」

パワフルで底なしに優しい、主催者ますママ。 また、呼んで下さいね。
気さくな女神様、GORI先生。 お疲れ様でした。
祝福に包まれた二日間。 ありがとうございました(泣笑)emoji

お元気ですか。

青森発  飛行機の出発が遅れた
離陸してから理由が分かった  きっと神様のせいだ
長~い長~い雲が  何本も何本も  空を突き進んでいた
雲は生きている
岩木山も  輝く海も  飛行機の無事を見守っている
やがて機長さんのアナウンスで  新潟上空だと知る  
琵琶湖を見  夕日に照らされた大阪が現れる  町も生きている
ミニカーよりも小さい車が 屋上や道を埋める
緑を探すのが困難だ  
自然がその気になったら  ひとたまりもないと思ってしまった
許されて  守られて  私達は愛されている

明日香村へ行った  くつろいで足を伸ばせた飛鳥寺
案内して下さる方と話が弾む  話題はミャンマーのお釈迦様
「行ってみたい」とおっしゃる  実現したらいいですね
流暢な日本語を話すミャンマーのガイドさんと  飛鳥寺のガイドさん
言葉の障害もなく  お互いにどんなに深く感銘なさるだろう
ミャンマーの画像の数々をお見せできて  とびきり嬉しくなった

 昨日 台風一過の夕暮れ

帰りのフライト
やはり新潟上空でアナウンスが入る  高度11,300m  時速800k (だっだかな?)
キャッキャ キャッキャと空を見て飽きない
時はすぐに経ち着陸態勢  厚い雲をゴゴゴゴと下がり突き抜け  浅虫の海
青森はなんて綺麗なんだろうと感動する

空は勇気をくれる  空を見ると優しくなる
父は生前言った  何処にでも行ったらいい、大鵬のようにと
口癖のように言った  お前はいい子だと
大阪に行ったら  父の声がガンガンと頭に響いた
数年先の6月  線香を干す香りに包まれるという堺の町を
私はきっと訪れる
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日18:30~20:00(パワー)            
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]