忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13

お元気ですか。

ロベルト先生のWS後、倉敷のヨガ仲間nakoさんの家に泊めて頂いた。 翌朝、いつもの呼吸法をしながら思った。 「! 今までで一番呼吸がしやすい! 何故?」 
いい朝。 9月30日。 満月だった。 珍事に遭遇することとなる。

DSCF0611.JPG呼吸法と瞑想を終え、窓越しにワンちゃんをパチリ。
モジモジしている空=くうちゃん。 
その後、nakoさんと一緒に朝食に舌鼓を打ち、談笑。
「くうん、くうん」と空ちゃんの声が存在感を増してきた。 台風の影響で風雨が強まり、怖いのかもねー。 空ちゃんもリビングにきて仲間入り

nakoさんに駆け寄り、嬉しさを存分に見せた後、初対面の私の所へ。 ドキドキ。 嫌われたらどうしよう、と思い悩むのは一瞬のそのまた半分。 アッという間に空ちゃんは足元にゴロン。 「撫でてね~。 遊ぼうよ~」とお腹を出す。 もちろん手を当てる私。 ん? 水が飛んで来た。 オシッコ? ちょっぴり服についたけど気にしない。 甘えてくれるワンちゃんと、もっと仲良くなりたくて椅子から降りて一緒に床へ。 ずっとず~と撫でていたい。

至福の時間だった。 お目目の近くを撫でると眠りそう。 お腹を出して脚を開いて、ワンちゃんとは言え、目のやり場に困る(笑) いや、困っていられない。 うれション第二段が来た(爆) こんなに歓迎してくれて、癒されているのは私だ。 まったりした後は、躍動してくる。 今度は私の胡坐に乗ってきて、顔までナメナメ。 大感激

今までも、散歩中のワンちゃんが足元に座ったり、見つめたまま動かなくなったり、という経験は何度か。 その度に飼い主さんが尋ねる。 「犬、飼ってらっしゃるの?」
nakoさんのお母様からも聞かれた。 

子供時代から娘時代にかけて、12年の時を共に過ごしたのは、弟とも言えるシェパードだった。 大型犬なので父が毎日、遠くまで散歩に連れて行った。 犬も父も、死んでなお、私の事を見守ってくれている(と信じて疑わない)。

様々な想いが浮かんでは消える。 後ろ髪を引かれつつ、空ちゃんとお別れ。 nakoさんが岡山駅まで送ってくれた。 悪天候の中、瀬戸大橋が見える場所を通ってくれた。 ヨガの話が楽しい! どうもありがとう

岡山から大阪へ。 20年ぶりにイトコ達と叔母に会う。 豪勢な和食に昼からビール。 台風のことをひとたび忘れ、話が尽きるはずもない。 次回はゆっくり大阪に来たい。 東京までの新幹線が動いているのを確認。 見送られて東京へ向かう。 
「行ってきます!」

浜松付近で長時間の運転見合わせ。 しかし、心は穏やかな瀬戸内海。 おや、nakoさんからメールだ。 空ちゃんの画像付き。 まるで私を案じているような表情だ。 思わず笑ってしまった。 その途端に新幹線が動き出した。 傑作なほどのタイミング。 おそるべし嬉ションパワー

命と命。 家族。 それぞれのドラマ。 辛いことだってある。 
でもハートはいつでもポカポカだ。 感謝いたします
http://www.youtube.com/watch?v=PTEeLncfT8I&feature=plcp



PR

お元気ですか。

時は調度、先週の土曜日。 ロベルト先生のワークショップだ 倉敷の街並みに見とれて、何度も立ち止まり、振り返りしつつ、会場となる大原美術館に到着。 おお~っ。 以外な事に、庶民的。 有名な画家の絵が盛りだくさん。 故郷を離れて味わう、棟方志巧の作品が格別だ。

美術館敷地内にある、新渓園にて受付を済ませ、nakoさんと久々のご対面。 (「後でゆっくり話そうね~」) 早々とヨガマットが敷き詰められ、ヨガが盛んな地域と見た。 くつろいでいて華やか。

DSCF0602.JPG庭園を眺めてのヨガ
ここは東西の有名作家の絵が並ぶ、美術館の一角
和に来たるロベルト先生
リキッド 背骨への意識
それは繊細であり、力強い
予告通りのアームバランス連続に集中

DSCF0601.JPGWa~o
ささやくような歌うような、ロベルト先生の声が溶け込む
庭園に、畳に、ヨガの歴史に
何度も見上げた、天井に注目
始めは吸い込まれるように
そのうち、汗が目に入っても

両手を、この天井に向ける度に、こみあげるものがあった
戦い? 戦士?
そうか、私は、私たちは戦士かも
しかし闘争心や利欲とは無関係だ
流れる水の要素ではなく、こみあげる火の要素
燃やすためではなく、熱くなるための火

WSが終わって、懇親会。 ロベルト先生、フランチェスカ先生、通訳の恭子先生。
素晴しいサービス精神で、またまた素敵なご指導をプレゼントして下さった。 
ありがとうございます。 火は鎮まり、ネブタが終わって秋になった。

そして、スタッフであるnakoさんに、ロベルト先生から感謝とねぎらいの言葉が…。 
その度に私の胸が感動で一杯になる。 

場違いかとは思いますが、お暇だったらご覧下さい。 
何か、かけ離れてはいますが。。。
http://www.youtube.com/watch?v=uLgWWpUKpbk

 

お元気ですか。

おかげ様で、無事に帰青しました。 
初めての倉敷~久々の大阪~東京の綿本ヨーガスタジオ。 
ワクワクの冒険を、緊迫編からご紹介いたします。

先週の金曜日、午後の新幹線でまずは東京へ。 新青森から新幹線を利用できるようになってから、驚くほど便利。 2つの台風の影響か、空がドラマチックなこと! 
見飽きずにアッという間に東京。

次は岡山まで新幹線。 ホームでは異様な雰囲気。 線路内に立ち入りした男性がいたため、25分の遅れ。 幸い人命に関わる事ではなかった模様。 う~ん、私は微妙。 岡山から倉敷への乗り換え時間が20分弱だったので、少々焦った。 その後、新大阪に着くまでに数分遅れを取り戻す。 乗務員さんの様子が必死で、申し訳なさそう。 

結局15分遅れで岡山に到着。 はて? 何か青森と違う。

DSCF0594.JPGみやび(雅)だ 
言葉も可愛い。
酔っ払いの声さえ。 
つるりとした道路も。 
この街に
ネブタや
ハネトの乱舞を
想像できない。 
私は
京人形の中に
混じった
ネブタの気分。
素敵! 倉敷!


続いての緊迫は、帰路、新大阪から東京。 台風だから仕方ない。 在来線は運休している。 おおかたの予想通り、浜松の辺りで運転見合わせ。 トンネルの中で2時間位。 全部で4時間遅れで何とか東京へ。 上野のホテルまではタクシーで向かう。 多くの人達に守られているんだな。 心配と励ましのメールがありがたかった。

でも、最もドキドキしたのは旅の終盤。 東京駅。 綿本ヨーガスタジオから電話。
「チケット(受講カード)をお間違えではありませんか?」 む、そんなハズは。 手元にあるチケットを確かめたら自分と違う名前。 「すぐ持って行きます!」と再び綿スタに。 
ごめんなさいでした しかし、余裕だと思っていた新幹線の出発時間、実は10分程勘違いしていて、途中から猛ダッシュ ギリギリでセーフ。
汗だくになり、心底、早く家に帰りたいと思った

無事なことに、心から感謝します。



お元気ですか。

やっと秋らしい風が吹いてきました。 横浜ではヨガフェスタが始まったようです。 参加したことはありませんが、秋はクラスの回数を増やして、こちらも存分にヨガを満喫できたらいいなあと計画しています。 どうぞ宜しく!

気づけば9月も終盤に…。 まだだ、まだだと思っていましたが、いよいよ来週末は遠征です。 岡山へ行って来ます。 そこでワークショップ(もちろんヨガです)があり、同期の仲間に涙の再会をして、そいで帰りは大阪に寄って、20年ぶリにイトコ達と会って、お次は東京で綿本先生のレッスンを受けて、という充実ぶり。 岡山で2泊、東京で1泊することになりました。 月曜戸山のパワーを休ませていただきます。
岡山だからきびだんごツアー

切符の手配も順調だし、お土産はフジワラに予約したし。 あ、フジワラのパンコーナーにあるリンゴのパンが好評なんです 他は明日、楽しく悩んで買うし。 旅はウキウキですね。 ありがたいです。

でも、急に心配になった事があります。 まずは、20年ぶりというイトコ達と叔母。 果たして様変わりした私を認識してくれるだろうか(-_-;) 

もう一つの心配事。 それは肝心のワークショップの内容。 今更になって詳細を見てみました。 「ロベルト・ミレッティ先生 in  Okayama マーシャルアーツ、禅、伝統的なヨガの融合。 第一部は「リキッドになるパワー」 アームバランスのポーズを繰り返す、と書いています。 げげげげ~~。 ま、まさかカラスのポーズや逆立ち、その他たくさんetc? 2時間

第二部は「内観」 日常に溶け込むヨガを感じる、って、疲れ果てて爆睡行き倒れかも? こちらもたぁーっぷり2時間  

ロベルト先生と綿本先生は前世からの友人のようだ、という程の運命的な出合いと聞いています。 前世か~、時代はいつなんだろう? 写真よりカッコ良かったらとうしよう? 頭の中は妄想も絶好調。 まさに過去や未来に意識が向かい、悩みが生じています。

筋肉中の乳酸はエネルギー源になるといいます。 心配や妄想も情熱へと変化します。 大丈夫です。 今夜もヨガ。 早く皆さんと一緒に呼吸がしたいです



ミンガラーバー!

2012 ミャンマー旅日記~12~1月9日~帰途

 
暑い夜だった。 エアコンをつけたり消したりして、寝不足のまま最終日を迎えた。

ヤンゴン観光の目玉、シュエダゴンパゴダに朝のお参りへ。 ベルベットのような蓮とジャスミンを抱えて、日曜日のシンボル、ガルーダの元へ。 あ、ミャンマーでは「八曜日(水曜日を午前と午後に分ける)」。 私もタンエーさんも日曜日生まれ。 

DSCF0444.JPGそして、やっと念願かなってスーレーパゴダへ。 前回は訪れなかった。 ジャーナリスト、長井健司さんが撃たれた場所である。 心からご冥福をお祈りする。 空は抜けるように青い。 ラカイン州で飽きるほど目にした、畑の緑を思い出す。 そよそよと風になびく葉っぱの美しさ。 何度でも祈る。 真に豊かな国になりますように。

ランチの頃になると、完全にセンチメンタル。 BGMがあまりに切なくて、ボイスレコーダーON。 どんな味がしたかも記憶にない。

マハーシ瞑想センターへ行く。 タンエーさんの得意とする場所なのだ。 予想だにしなかった、ヴィパッサナー瞑想をちょっぴり体験する。 ああ~、座って目を閉じた時の安堵感。 「Meditation is a nest! Where we can rest!!」 友人が教えてくれた言葉をタンエーさんにシェアする。

絵ハガキを送るため郵便局へ。 切手が値上がりして500K(この間まで80K)。 最終日、K=チャット貧乏になっていた私は大声で驚く。 ミャンマーらしいかも。

ナーガ洞窟パゴダ、白い象。 変わった所だな、と改めて思う。 最後は空港に近いパゴダでのんびりお参り。 大好きな白い小さい花(香りがいい)を、たくさん買う。 横座りになって口ずさむ。 「ボーダゥン サラナーム ケサメ」 二人で額を床につける。 何度繰り返したことだろう。 「ダンマー サラナーム ケサメ」 「サンガー サラナーム ケサメ」 最後に額を床につける。 いつもタンエーさんは顔をなかなか上げない。 長い祈りだ。 内容を聞いたとしても、私は理解できないだろう。

読経が響く。 頻繁に飛行機が飛ぶ。 何処へ行くんだろう。 お釈迦様の国インドへ行きたい、とミャンマー人が思うのとはちょっと違うかもしれないけど、遥か対岸のインドへ、今度は行ってみたいかもと思った。

空港にて。 ガラスを隔てた向こうにタンエーさんがいる。 チェックインを終えた私を見てホッとしている。 彼女に向かって私はハーフナマスカーラ。 
「チェーズーテンバーデー」 




 
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F・募集中      火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜・木曜とも満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12
14 15 16 17 19 20
23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]