忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
ミンガラーバー!

2012 ミャンマー旅日記~11~1月8日~ありがとう

 
日曜日。 そのせいか夜通し人の声がする。 いつもの早朝(深夜?)ヨガの後、窓を開けて外気を取り込む。 意外に暖かく、今が一番涼しいというのが嘘の様。 蚊取線香は消えていた。 例によって二度寝を楽しみ、夜明け前に太陽礼拝。 波の音に加え、ipodから「Om Namo Bhagavate」 by Deva Premal。 BGMは超豪華。 星が消えて空の色が変わる様が、ヤシの木の向こうに見える。 今日は忙しくなる!

DSCF0431.JPG朝食後は海岸線を散歩。 昨日と合せると、かなりの距離だ。 その後はヨガレッスン タンエーさんのサイコーの笑顔! そして最後の海水浴。 「20分だけね」と約束して泳ぐ。 水に入る度に身体が慣れて泳ぎやすい。 魚を追いかけたり、打ち寄せる波と戯れたり。 でも、一番のお気に入りは、ただ浮かぶこと。 シャバアーサナね
 
海がYogaマット
そうか、地球はマットなんだ
波に揺られながら 空だけを見つめる
光が移ろう
たくさんの声が聞こえる 
笑い声ばかりだ
様々な国から訪れた  肌の色も年齢も異なる私達が
同じ空  同じ海  同じ大地
その間に 今 存在している  
平等に光を浴びる
愛と自由は いつもすぐそばにある
 
DSCF0434.JPGタイムリミット。 陸へ戻り、海を振り返る。 見えぬ向こう岸はインドだ。 近々インドを訪れる予定の、師匠や仲間の事を思う。 「またね」 
昼過ぎ、ヤンゴンへ飛ぶ。 うだるような暑さだった。 お土産を買う。 チャイナタウンでモヒンガー、インド人街でファルダという甘いデザートを堪能する。 

夜はホテルで、絵はがきを書く。 そして、タンエーさんには即席ヨガテキスト。 
心をこめて。 ありがとう
PR
ミンガラーバー!

2012 ミャンマー旅日記~10~1月7日~たくさん泳ぐ!

 
眠っていても、食事をしていても、ヨガをしていても、おしゃべりをしていても波の音 明日はヤンゴンへ戻って、いよいよ帰国か。 7:00の夜明けを待ちきれず、ジョギングや散歩をする人達が目立つ。 私は太陽礼拝。 時折、犬達がダンゴのように固まってケンカの如く遊んでいる。 大自然とは油断ならぬものなのだ、と思うことにしよう。
 
~Max その1~
朝食の時、ある犬に気付いた。 他の犬は毛が短いのに、毛足がやや長い。 「伏せ」の姿勢で、優しそうな紳士の足元にいる。 首を長く保ち、胸を張り、ヨガで言うスフィンクスのポーズ=カンペキ版である。 媚びることをせず、番犬然としている。 パンをもらって静かに食していた。 勝手にMaxと名付けた。 Maxは誰の番犬にもなる。 散歩する人の脇に並び、時には他の犬から人を守る仕草をする。 元飼い犬かも。 私も一度、番犬してもらった。 こうなると可愛いんだよね~。

DSCF0414.JPGDSCF0433.JPGタンエーさんにじっくりヨガレッスン。 とても喜んでいただけた。 ヨガをして海水浴。 食事と休憩。 二人とも自由気ままに過ごす。ビーチの素敵な時が流れる

 
~Max その2~
海はひとつながりだ。 祈らずにはいられない。 空と海と光だけ。 そこに居合わせた私達。 スロベニアから来たという親子と会話する。 2才位の男の子は泣いてばかり。 パパとママは必死に&さり気なく、沖へ連れ出す(笑) 名前を聞いたら、「Max」。 おや、犬と同じ名前ね(違うって)。 陸に上がってMaxに折り紙をあげた。 嬉しそう。 甘えん坊のMaxは鶴がお気に入り。 折り紙は有名だった。 ミャウーでも何処でも、西洋人は興味シンシンだった。

~Max その3~
旅行中、毎夜、夢の中で上映される風変わりな名画劇場は、結果的にこの夜が最終日となった。 幸か不幸か、内容を少し覚えている。
時代は過去とも未来ともとれる。 若干の緊張感を伴いつつ、仲間と楽しい一時を過ごす。 ふと、油断していたことを後悔する。 空には毒ガスのようなものを散布するモノが飛んでいた。 しまった! 急いで地下(煙突のような穴)に潜るが、間に合わないかも! 私は潜ったことがないので、恐怖に狼狽える。 大丈夫だから!と女友達が励ます。 彼女のBFが、Maxという浅黒い肌の戦士っぽい人。 スロベニアではなく、犬Maxに近い雰囲気だ。 Maxは空へ行く、戦って死ぬために。 私達は地下へ行く、険しいものを抜けて生きるために。 恐怖と悲しみで、泣き叫ぶ。 そのまま目が覚めた。
ミンガラーバー!

2012 ミャンマー旅日記~9~1月6日~ガバリビーチへ

 
コウモリやカラスの声が賑やかなシットウェー、シュエタジンホテル。 河口の州都という点では、我が青森と似ているかも?

DSCF0337.JPGこれは「タナカSet」。 石の上に水を垂らし、タナカをいう木をする。 液を顔に塗る。 タナカとロンジーのおかげでミャンマー人に間違われた。 それを話題に、何処へ行っても地元の人とガイドさんとの会話が弾む。 ロンジーは布をただ筒丈に縫っただけのスカート。 今回は超強力アイテム=紐を用意した。 これでロンジーがずれ落ちない
 

DSCF0399.JPG午前中は見学。 ラカイン州のお勉強(笑)。 丁寧に説明してもらうが、なかなか頭に入らない。 太古の昔から、第二次世界大戦のことまで、そして現在。 これもミャウーの写真だが、ラカイン州のマークが見える。 太陽と月だ。 インドとの交流が活発になるかも?という情報もあった。 再会を願って、シットウェーからサンドゥエに飛ぶ。 お久しぶり! ガバリビーチ

DSCF0417.JPG
うわ~い! 海だ~! 波の音とヤモリの声。 のんびりと時を過ごす人々。 洗濯をしてサッパリ。 夕食も早々と済ませて自由時間に。 落ち着いたらヨガだ。 波打ち際は砂が固い。 思いっきり太陽礼拝。 目の前には巨大な夕陽。 涙があふれ出す。 ずっと動き続けて幸せ一杯 しかし、深い呼吸をして無防備な私の背後に敵がいた。


…ん?…視線? 「ウ~、ガルル~」 な・な・なんと、歯をムイた犬! 3匹も! 
怖いよ~! この辺りには野良犬が大小あわせて10匹程。 (後に観察して)自分たちはケンカするけど、人には吠えないし噛まない。 なのに、私には吠えたわよね!! 
戌年生まれが犬のポースをしたからなの~?
尻尾を巻いてひとまず退散
ミンガラーバー!

2012 ミャンマー旅日記~8~1月5日~再生

 
心惹かれる伝説の数々が散りばめられたミャウー。 町の印象は色彩鮮やか。 頭の上に水瓶をのせて歩く女性たちが目立つ。 郊外では悪路を舗装している。 炎天下の手作業だ。 穴の空いたドラム缶を使うのだ。 いつ完成するとも知れぬ鉄道予定地が伸びていた。 のんびりと真っ直ぐに

DSCF0322.JPGDSCF0351.JPGDSCF0354.JPG








通称「8万パゴダが父。 息子が9万」と教わった。 ミャウーに着いた日、一番初めに見学したのが「8万」。 唖然とするやら圧倒されるやら。 正に8万の仏像が安置されているという。 その向かいに建つトッカンティン寺院も不思議処。 「9万」は理由があって、わずか半年で建てられたという。 近年発見されるまで、「大きな丘(森)」と思われていたらしい。 吹きさらしの「9万」と、栄華を極めた父の「8万」。 どちらも大好き  
ミステリアスで宇宙的だ。 去りがたい。

ミャウー最終日の午前中は、いくつかのパゴダでゆっくりと時間を過ごした。 これまた忘れ得ぬ、静かで穏やかな時の流れだった。

DSCF0404.JPGおや、甘い香りがする! 枯木と思えるような灰色めいた木がある。 見れば枝の先にも木の下にも、慎ましく白い花がある。 どこまでも吸い込むことができるような香りだった。 通りがかりの長身のロシアの女性と香りをシェアした。 「う~~~ん」 長~く吸って大笑い。 なるほど、呼吸も世界共通語。 


「再生」という言葉をかみしめていた私を、更に生き返らせてくれる香りだった。 タンエーさんがくれた「27番」漢方薬と共にパチリ。 まるで生まれ変わったかのような新鮮な感覚を、ずっとずっと味わい続けた。 1月5日、そうか、新しい年だったんだね

午後になり、ミャウーから川下り。 行きと同じボートに乗ることができた。 夕刻、懐かしいシットウェーにホッとしながらも、不思議の町、ミャウーがひときわ恋しく感じられた。
 
 
ミンガラーバー!

2012 ミャンマー旅日記~7~1月5日~夜明け前

 
旅の間、夜眠るのが待ち遠しかった。 ウキウキした理由は、夢 起きると同時に忘れるんだけど、風変わりな、ストーリー性のある、懐かしいような、イイ感じの夢ばかり 

さて、何もかもイヤになった心を抱えて眠った私。 いつもより厚着した。 お腹のためを思って。 そのせいかかなりグッスリ。 気づきにあふれた夢を見た。 目が覚めたのは4:00。 床にバスタオルを敷き、いつものヨガ。 オヤ、師匠の声が頭の中で響いてくる。 「次の吐く息にのせて右足をギュ~っと握ってみます」 ン? 何か動きがいい? 「今度は右足の甲伸ばし」 こんなにたくさん動けるなんて。 何が起きてるの?

身体の声。 耳を傾けていたつもりだった、いつも。 ところがこの日、師匠の声だけでも驚きなのに、自分の中の何かが、しかもかなり積極的に、「もっとこの方向へ。 皮膚の伸び具合はこの様に。 etc」 指示をくれる。 で、動く、かなり。 柔らかく力強い。 アーサナ、スダルシャン、瞑想を終え、部屋の窓を開け、荷物の整理をし、多分5:30頃にベッドに横になる。

ウトウトしたら、また夢を見た。

DSCF0317.JPG青いカーテンの向こうから、知り合いが声をかけてきた。 「おう! 元気でらが?(津軽訛り)」 昨年3月に亡くなったS氏だった。 下痢が治った事や旅の事、後は覚えていないが、ゲタゲタ笑って、何だかすごく大事な事も話した気がする。 今日はチェックアウトするから支度が忙しいと言って、窓とカーテンを閉めてS氏を追い出した(笑) 

目が覚めたら、あと5分で7:00。 ヤバイ、朝食の時間だ。

DSCF0325.JPGタンエーさんに、S氏が鮮明に登場した夢の話をした。 涙がこみ上げる。 彼女は非常に興奮して、「功徳です」と言い切った。 チン族の村で寄附や多くの功徳をしたので、来世ばかりか、今の私にも幸福がもたらされたと。 「えっ、要らないよ」と思わず私。 素朴なパンをかみしめ、仏教やヨガの話題に花が咲く。 楽しい朝食だった
 
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F・募集中      火曜日(毎週)10:30~12:00        水曜日(毎週)10:30~12:00          金曜日(毎週)10:30~12:00    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日(毎週)18:30~20:00  若干名募集中 パワーヨガですが、月末のみスタンダードな内容です。   木曜日は満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 17
20 21 22 23 24 25
26 28 29 30 31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]