忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333

お元気ですか。

お陰様で、南佃新会場にも馴染み、新しいクラスが予定より早くスタートした。
火曜日の午後ヨガを隔週。
そして、月に1回ではあるが、香功と笑いヨガのクラスを火曜日の午前に。
10:30~11:45=1時間15分の時間枠である。 料金も少々お安くして、ヨガマットも不要、お買物のついでに立ち寄ってみませんか。 一緒に笑いましょうよ。
あ、お水は持って来て下さいね。 という気楽なクラスである。
香功がメインで、笑いヨガはわずか10分程度。 最後はシャバアーサナで静寂に浸る。 笑いを余韻に。

香功を世に公開したのは、田瑞生(でん ずいせい)先生。
長い歴史を持つが、それまで師から弟子へ直接伝授されてきた香功を公開したのが、1988年。 たちまちに中国全土に広がり、台湾や日本へもブーム到来。
しかし、1995年9月30日に田先生は永眠。

一方の笑いヨガ。(私は昨年12月に、高田佳子先生から笑いヨガを学びましたが、まだリーダーの資格は取っていません)
インド人医師マダン・カタリア博士が創案。 わずか5人でスタートしたというのが、1995年。

……という偶然に気づいたのは、先日の「香功&プチ笑いヨガ」クラスの最中だった。
1995年は、阪神・淡路大震災、そして地下鉄サリン事件。
ああ、あの年だったのか!

以下、独り言m(_ _)m

いつ香功を習ったか私自身の記憶がアヤフヤだった。
その時に購入した田先生の本が、1993年11月に発行されているので、1994~1995年ということになる。 指導して下さった台湾人の先生は、田先生が亡くなったとは言っていなかったので。 おそらく。
所属していたヨガの団体が、香功を積極的に学んだのだ。
講師の端くれだった私も、香功を皆さんにご紹介した。
サリン事件に、当時あった社会保険センターのクラスの皆さんと震えた記憶がある。
その後暫くして、私はヨガを辞めたから、田先生が亡くなったのを知らなかったのかも。

1995年。 深い悲しみとやるせなさ。
その翌年だと思う。 友人が講師をしていた塾に何度か丸付けバイトに行った。
そこが成田本店つくだ店2階ホールだったのだ。

まさか、何年も後に、その場所でヨガをすることになるとは思わずに。
縁とは不思議だ。
佃の神様は、場所を提供してくれた。 
私自身と皆さんにとっても、良きことを学べる場所を。
成田本店。 さらに現在のきれい生活舎。
感謝せずにはいられない。 ありがとうございます!
ヨガを。 香功を。 笑いを。 そしてクリスタルボウルを鳴らします。
PR
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日18:30~20:00(パワー)            
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]