忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

お元気ですか。

友人が言った。 「ずっと向こうの信号が見えるようだよ」
確か、視界がくっきりして調子が良い、というニュアンスで使ったのだと記憶している。 とてもしっくりくる表現だと思った。

パッと目を開いた時に、いくつか先の信号の色が見えたりする。 「あっ」と吸い込まれるようだけど、パノラマの様に拡がりもある。 それは中心軸さんが見せているのかも知れない。 「広がっていいよ」って。

昔、父が事故に遭ったという知らせを受けた時。 外に出たら思った。 「これが目の前が真っ暗なのかなー」 きっと、足元をよ~く見て歩けばいいという事かも。 おかげ様で、それ以降、何があっても視界は良好だ。 と、一人思っている。

ずっと向こうの信号。 それは近い未来ではなく、今が拡がった感じ。 (あ、車を運転しないので特にそう思うかも) ずっと向こうの木々も、そばに立つ木も。 その枝葉を揺らす風も。 ここで小声を発したとて、届いちゃったりしているような。 そのフィールドに、思いやりをこめられたらいいのに。

なーんて調子良いと思っていたら、面白い事があった。
日曜日の朝、バスを待つ間、雪解け模様をカメラに収めていた。 おお、あちこちで春と冬が一緒。
そのうちにバスが来た。 でもみんな、私と別の場所に立って乗り込もうとしている。 ん? 何かバスに無視される私?
げっ! いつの間にか間違ってポストの前に立っていたよ。 
「待って下さ~い。 私も乗せて~

春はウキウキだ


PR

お元気ですか。

今年、何度か聞かれた。 「ヨガをして変わった事は?」 
その度に、こう答えた。 「子供の頃の自分に戻っちゃいました
戻ったと確信して、またスタートするのかな。

今朝、車内より外を撮る。 結晶がこっちを見ている。
DSCF0728.JPG
















新しい自分になりたい、と頑張ったりメゲたり。 よ~し、私は変わってきたぞ~と褒めてみたり。 居心地の良い、飾り気のない今の状態は、子供の頃だと思い出した。

頭では理解していたつもりだった。 あるがまま、そのままの意。 しかし強烈に「あ、そうか、いいんだ、このままで」と納得する機会に恵まれたのは2009年、綿本先生の指導者トレーニング合宿。 よーく思い出すと、未熟さに凹んでいる場面が多いのだが、確実に中心軸ができた。 

さて、年の瀬になり、何故か聴きたくなったのが「ガーヤトリーマントラ」。 多分、近頃に読んだヨガ本(難しい…何冊も…)の影響と思われる。 YouTubeでも、美しい歌声や庶民的(?)なヴァージョンなどを見つけた。 しかし、ピタッときたのは、http://www.youtube.com/watch?v=0UNfKe32Dns サイババにもマントラにも、あまり興味がないのに、妙にしっくりくる。
ミャンマーの寺院を彷彿とさせるのだろうか。 よくわからないが、何かがはがれ落ちていくかのように、サッパリとして、凛として、新しい気分になる。 やはり中心軸。

今年最後のクラスを終え、休みに入る。 
新しい年の抱負が形を成し、再会・再開が楽しみだ。 
ありがとうございました


 

お元気ですか。

Liberte (リベルテ/自由 )ポール・エリュアール 安東次男訳 ※一部

「ぼくの生徒の日のノートの上に   ぼくの学校机と樹木の上に
 砂の上に 雪の上に   ぼくは書く おまえの名を

 読まれた 全ての頁の上に   書かれてない 全ての頁の上に
 石 血 紙あるいは灰に   ぼくは書く おまえの名を」

とっても生きるのが辛くて、苦しくて、この先どうするんだろうと思っていた。
他の人の様に思考できなくて、困ったり、ごまかしたり。
ところが、一人暮らしを始めた大学生の頃から
色んな希望が見えてきた
大島弓子さんの作品も、その希望のひとつ
エリュアールの詩が紹介されていた作品は、「ローズティーセレモニー」
自由という文字を眺めて、当時感じたことは、罪悪感や義務感
ペッタリと身体と心に張り付いた閉塞感
こみあげる大粒の涙が、それを洗い始めたのだろうか

「戻ってきた健康の上に   消え去った危険の上に
 記憶のない希望の上に   わたしは書く あなたの名を

 そしてただ一つの 語の力をかりて
 わたしはもう一度 人生を始める
 わたしは生まれた あなたを知るために
 あなたに名づけるために

 自由(リベルテ)と――」

ヨガをしていて、好きな瞬間&言葉がある
もちろん、自由も
ひとつの動作と息づかい
短い一瞬が、宇宙空間のように拡がりがあり
かつ、こだわりもない

東横線に久々に乗り、当時を思い出す
大都会のむせ返りそうな混み様も、愛おしい、生きとし生けるものだ
すべてが幸せでありますように




お元気ですか。

DSCF0708.JPG本日の朝焼け
部屋から見て
「おっ
カメラを持って外へ
(寒いよ~)^^
意外にも
狭い範囲
部屋へ戻って撮る
ここが最高だった
ほんの数分間の
ラッキーな遭遇




9時半。 バス亭に向かう。 青い空がチラチラ見えて綺麗。 雪もふんわり。 
調度、眩しい光が目に入る。 太陽が雲から顔を出す瞬間だ
しかし、その現れた太陽が、全く眩しくない。
「ん?」と疑問を持つのは一瞬。 雲が覆った。
バス亭に着く。 再び眩しくない太陽が現れた。 白い。 バックには青い空。 表面に雲の陰りさえないのに…。 輝きは無い。 白々と丸い形の端まで安全に見える。 
バスを待つご婦人も目撃。 その優しい感想、「まあ、寂しげだね~」。 まるで真昼の月のような、けれど大きい、やっぱり太陽だ。

ナリホンさんでパワーヨガ。 繰り返す太陽礼拝で、時々、この月のような太陽を思い出した。 そして青い空の色。  一緒に礼拝をする方々の、今一瞬を大事に思う。

帰りのバスを待つ。 太陽が雲に隠れたり、姿を現したり。 ただし、当たり前のように眩しい。 雪も溶かす強い光だ。 直視などしないが、雲の色がピンクや様々に見える。 天文に詳しければ、こんな現象を何らかの言葉で表現するのだろうか。 私は無知だ。 

バスが来た。 「コォーーー」という声が聞こえ、白鳥の群れが頭上に。 何て美しい鳥たち。 ああ、そうか。 気づく時もあれば、気づかない時もある。 日々繰り返されている現象。 これでいいやと思った。 これがいい!と思った。 平凡でいい。 ごく自然に感謝する心が生まれるなら。 
しかも、一緒にヨガをする仲間がいる。 これはありえない奇跡だ

 

お元気ですか。

今日は11月最後の日曜日でした。 
朝ごはんを終え、お茶を飲んでのんびりと次なる家事に備えていました。
(ダラっとしていた、とも言う)
すると、 「?!」 何か変わった? 暖かい? 別に変わった事が起きたわけではなく、裏山から太陽が完全に姿を現し、日差しが強くなり、室温が上昇、それだけの事です。 

DSCF0701.JPG始まった…
しかも運がいい
晴れている
始まる…
一体何が?
一日が?
気づかぬ事が?

嬉しい
この光を見るだけで
これさえあれば
何でも来い!
と、思ってしまう


よっしゃ! 納豆を仕込み、大豆マヨネーズを作り、紅玉を煮、漬物を二種。 
掃除もしたし(超簡単だけど)、悪びれずに休日モード。

昨日は、青龍寺で木村秋則さんの講演会がありました。 楽しい授業のようでした。 生徒は「学びたい!」と本気で思っている人達。 先生である木村さんは、賢者のような印象でした。 (プラトンとか…)  ご講演後に著作にサイン。 私にしては珍しく長い列に並びました。 ようやく木村さんに近づいた時、何故か笑いがこみ上げました。 サインには「ひと言」も書いて下さいます。 何故わかったのでしょうか。 最近の決意表明が、そのまま書かれてありました。 涙と笑いのひとときでした。

DSCF0703.JPG始まった…
今度は月です。 夕刻前に昇ってきていました。 
美しいです。 そして不思議です。
太陽も月も、星々も、地球も。 
始まりの瞬間に、身体や心は、何を思って反応しているのでしょうか。 

ゆったりとした一日を過ごすことができました。 これから、ヨガやら色々をして眠りにつきます。 この、ヨガやら色々の時間(笑)が至福の時なのですよね~。 どなたにも素敵な眠りが訪れますように。 
ありがとうございます

プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日18:30~20:00(パワー)            
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]