忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

お元氣ですか。

今朝は『しゃばけ』シリーズの料理、雷豆腐を作った。
大のお氣に入り♪
作中では、砕いた豆腐をゴマ油で炒り、ネギのザク切りと大根おろしを入れるとある。 普段は病弱で食の細い主人公・若だんながペロリと平らげた、と聞けば作りたくなる。
最近の味付けは、オーサワジャパンの野菜ブイヨンと塩を使い、江戸風ではない。
「おはよう! 若だんな」

昼も食べた。 
「こんにちは! 若だんな」

私は若だんなと似ているところがある。
少なくとも若だんなの年齢(約15歳)頃までは弱かった。
そりゃあ、若だんなほどではないし、死にかけたこともない。
が、特に幼稚園までの身体は、薬と注射液で構成されていたかもしれないなあ。
だからこそ同調しちゃう、『しゃばけ』。 大好きだ。

ある日の新聞広告で、『しゃばけ』シリーズの新刊(文庫化)=『なりたい』が目に入る。
しかし、全巻持っているハズなので、無関係と思っていた。。。けど?

ハマり始めたのは2年位前で、場所を取らない文庫版を中古で買い集めた。
大きいの(四六版)は、今年と去年に我慢できずに新作を買っている。
全部読んだ、と自信を持って記憶している。
だが、発売されたばかりの文庫『なりたい』は持っているハズがない。
おそらく図書館から四六版を借りたのだろう。 ならば、「買ってよし!」

 わ~い\(^O^)/
『なりたい』文庫版を買ったよ(^-^)v

序文の、何ともないようなセリフに何故かホロリ。
読む度に味わいが深まる。 これが『しゃばけ』の魅力。
ちょっとずつ&ゆっくり読もう。
いや、心配ない。 そんな決意などしなくともいい。
昼寝にゴロンと横になった途端、せいぜい2ページだ。
おまけに、どこまで読んだかわからなくなる。 この状態も好き。

雷豆腐、更に余ったと見て、冷蔵庫に保管。 明日の朝に暖めて食べる。
楽しみだよ!
「おはよう! 若だんな」
PR

お元氣ですか。

暗い写真で恐縮だが、本のタイトルは『黎明』。 発売されたばかりの【新版】だ。

 上下巻2冊

 以前、ブログに使った写真
コチラは1998年の初版で、上下に分かれていなかった。
2001年に、増補新版で上下巻となった。

昨年の秋に、作者・葦原瑞穂さんの急逝により、上巻は「増補新版」であるが、下巻は一部分の改定とある。

市民図書館のラベルが貼られ、きっと多くの方々に大切にバトンタッチされるだろう。
ヨガやインドに興味のある方。
ただ何となく手に取ってみた方。
葦原さんからのギフトが、青森にやってきた。

お元氣ですか。

今朝は海へ出向き、朝ヨガ~♪の予定だったが、シトシト降る雨で中止。
ちょっとホッとしていたりして(-_-;)
この涼しさでは今年はあきらめようかと思っている。

ところで。
有名な、特にヨガ界隈では有名な(?)漫画『ワンピース』が実写化されるという。
(我家では、遅ればせながら総集編を買い集め中)
何とハリウッドで! テレビドラマに!
アニメのワンピースは大好きだけど、実写ともなると嬉しいような不安なような。。

このニュースが駆け回った後、漫画『ゴールデンカムイ』がテレビアニメ化決定という、更にショッキンングな今年の夏。 (全巻、読みこなしています)
堂々とマンガ大賞だって受賞している魅力的な作品。
アイヌ文化の素晴らしさ、食や命への賛美。 かと思いきや、残虐シーンや変態達。
我家でも、コミックを買う時は会議した程だ。
アレをどうやってテレビで放映するんだろう? 大問題だ(笑)

明治時代の北海道で繰り広げられる冒険。
その中でも、山の幸、海の恵、数々の料理場面にホロリと暖まる。
美味しい=「ヒンナ」という言葉が何度も出てくる。

 どのゼリーもヒンナだよ

初めて味噌を見たアイヌの美少女ヒロインは、「オソマ」=糞と嫌う。
しかし、ついに食す時が来る。 とても感動的な場面なのだ。
アニメだと、どんな風になるのかなあ。。

ワンピース、ひとつながり。 食、アイヌ、明治時代。
ああ! とても楽しみだ!
不安を抱くより、今を、自分の今を生きよう。
そうか、ファンだから不安になるのか♡

お元氣ですか。

成田本店から、予約していた『しゃばけ』シリーズ第16弾『とるとだす』が入荷したというメールが着ていた。 
おっと! これは大変! 急いで復習せねば、15弾の『おおあたり』を。 
ちゃんと読んだのだが、「必ず再読するべき味わい深さ」という、去年の自分の感想がイヤに記憶にあるからだ。

 何故に再読?

それは、序章にあった。
「やった、当たりだと思う事とは、何なのだろう」
と、主人公の若だんながふと考えたのである。 
富くじ? 人に惚れること? 
考えていると、己の大当たりがわからなくなってきた若だんな。
でも、そのうち若だんなの周りは賑やかに楽しそうになってくる。
いつもの妖(あやかし)達に囲まれて。
まさに大当たり、楽しい一時が始まるのである。

そっかー。
考えながらゆっくり読めなかったんだね、去年は。
今年もゆっくりペースではなかったけど、じっくり味わえたと思うよ。

先週に引き続き、義母の住宅の掃除をしてきた。
皆で「疲れた~」と言いつつ、優しい笑顔。 
勢いで家の風呂も丁寧に洗う。 私の手足は重曹とクエン酸だらけ。
夏祭りの花火の音が聞こえる。
ああ、幸せ。 おおあたりだ。

お元氣ですか。

ふと聞いたラジオドラマの原作が氣になり、ふと考えて市民図書館で予約した。
テレビドラマにもなっていたという、『ツバキ文具店』。
人気の本を予約するということは、急がない。  
待つというよりは、忘れた頃に読む楽しみ。 
忘れているからか、本の神様からのギフトか、買わなくちゃ!と判断した本とご一緒。

 文庫にはカドフェスのカバー付き

いつもなら小説と漫画は同時進行させるが、借りた本が優先。
ましてや次の予約待ちの方もいらっしゃる。
こんな時、お風呂で読めないのが図書館資料の不便さだ。
だけどスイスイだよ、『ツバキ文具店』。
夏から季節が変わりゆき、つつましく、けれど素敵なオシャレな生活。
鎌倉の四季、海や山の匂い、食べ物。 そして、人の心。 
おそろしく素直に読み進む。
しかし、この中に「うわあ~」と困る程の存在があった。
それは、手紙であり、文字であり、書くことである。

代書屋の主人公が、仕事をするときの筆記具。 墨を磨ったりインクに工夫を加えたり。
もちろん、紙、便箋や封筒、切手の選び方も凄い。
そのレベルではないにしろ、文字を書くということさえ少なくなる一方ではないか、私。
この小説を読み、手紙も書きたくなるが、鎌倉の美味しいモノへの興味が大きい。
ドラマも観てみたい。

何にしろ、今日は素早く本を返却した。 休日だ。 自転車をのんびりこぐ。
久しぶりに夜遅くまで読書した翌日、心の充電を実感する。

 
八甲田山も岩木山も、残雪が少なくなった。 青森の夏が始まるね。
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜・木曜とも満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 6 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]