忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

お元気ですか。

昨日、痛い程の勢いでアラレが降った。 遭遇したのは青森駅前。 海風が強いので地元では有名な寒冷ポイントだ。 道行く人々の服装は冬モード。 完全に身体が縮む。 
今年は、どんな春がやって来るんだろう♪

現在、通常で週に5回ヨガのクラスを指導させて頂いている。 他に、月イチや様々が加わると週に8回になったりすることもある。 
これで丁度いいかな~と思っている。
先月に過去回想を書いたが、興味のあったボディワークを体験し、手近に残したのがフェルデンクライスの本だ。 もし、頭がヨガで一杯になっちゃったら、そして、疲れを感じたら練習しようと思っていた。

「フェルデンクライスの脳と身体のエクササイズ」という本だ。
10種類のエクササイズが載っている。 
例えば、【腰の張りをとる】【肩の緊張や不快感を取り除く】。
何に惹きつけられたかというと、動きが細やかで力や柔軟性を必要としない点。 
ハッとするような驚きがあり、嬉しくて希望が湧く。
ただし、(私にとって)イイコトづくめではない。
本だけの練習は難しい(何事も)。 細やかな説明がミソなのに(脳ミソ?)。
時間がかかる(ゆっくり15分はかけたい)。
椅子に座るのが多い(寝転がりたい)。
ま、この本に出会った頃は、あまり必要性を感じていなかったということだ。

しかし、何故か気になるフェルデン。。。
そしたら、綿本先生が自分の声を録音するボイスレコーダーをオススメした。 もちろんヨガのために。 そうか! コレに録音したらいいんだ、フェルデンを。
という訳で、前述の本を教科書読み録音し、めでたく&あずましくフェルデンの良さを体験できた。 でも正直言って、ひと通り体験した後は放置して年月が過ぎた。 
それに、自分の声で誘導してもらっても有り難味がイマフタツ(-_-;)

必要性を感じたのは昨年だ。
夏に軽いムチ打ちを起こした。 幸い、運動すると血行が良くなり、治療や養生もし、少しずつ回復した。 フェルデンの出番だ。 暇だし。
レコーダーの声に我慢して練習したが、私には効果バツグン。 細かい身体の動きや各筋骨連携の様子が楽しい。 

そして、録音し直した。 自分の声に耐え切れなくて(笑)
ある日、何故かボイスレコーダーの再生速度が「遅い」状態になってしまった。 
どうやって操作しても普通に戻らない。 「速い」よりはいい。 しかも、自分の声と感じないので、有り難味が倍増♪
偶然、成田本店にフェルデンの新刊が積まれていたので買っちゃった。
今度の本には、寝転がるバージョンで、モロにタイプなのが目立つ。
「はじめてのフェルデンクライス」という本。 ネットではCD(この本の)も販売されていたので、また買っちゃった。
ヨガと相性が良いと思う。 あ、香功とも。

ちなみに、ハーモニー体操やあべこべ体操は、フェルデンが元になっているらしい。
青森にフェルデンの先生が誕生したらいいな~。
そんな下心があってブログを書いているemoji
PR

お元気ですか。

いくつかのエピソードが交錯し、ひと繋がりになっていくという構成の映画が大好きだ。 
「200本のたばこ」「キルトに綴る愛」「マグノリア」「ラブ・アクチュアリー」みたいな♪
ただし、ボケ~っと観ていると訳がわからなくなる事がある。 DVDに大感謝だ。

昨年のこと。
普段、デカイTVを占領(一人で)している夫が、泊り出張で留守、かつ翌日は私は休み、という日があった。 うっかり読んだブログで紹介されていた映画「クラウドアトラス」が、この類に入るようだと知る。 しかも、その交錯の程度が尋常ではない様子。 
急いでツタヤで無事ゲット。

つまみと酒を広げた宴状態で、デカイTVのリモコン操作に四苦八苦しながら、ようやく再生に至った頃、長女が乱入してきた。 私にグチを聞いてもらいたかったらしいが、口は閉じたまま。 耳は映画のためだけにある。 二人の集中も尋常ではない。 
観終わって二人の知恵を振り絞る。 そして何とか全貌が理解できた。

あまり感動したので、DVDを購入しちゃった。
エピソードが交錯するばかりか、俳優さん達が複数の役をこなしている。 その化け方が凄まじい(笑) トム・ハンクスの特徴ある声がヤバかった。

決して楽しい映画ではない。
支配する側、ずるい人間、涙、憤り。 しかし、何だろう? この高揚感は?

過去・現在・未来。 縦糸としての繋がりは当然として、いわゆる時空を超えた繋がりという概念を、私達はどう捉えているだろう。 
楽しい映画ではないと書いたが、喜びあふれる場面もあるemoji 
ああ、繋がっていく!という力強さ。 時空を超えて、花火のように、花が咲くように!

4月になった。 
特別に多忙なわけではなく、充分に睡眠がとれ、Yogaが楽しい。
好きなことをしよう。 自分を労わろう。 
春らしい色が、身体中を満たしている気分だ。  …GO…!

お元気ですか。

Kさんは、私より少し年上の女性。 才女という言葉がピッタリだと思うのだが、気さくで可愛らしい方だ。 最後に話したのは何年前だろう?と考えた程、ご無沙汰している。

そのKさんと話していた時、ふとしたことから、お互いに「スラムダンク」を全巻持っているという事実が発覚した。
あっけにとられる私に先んじて、Kさんが質問してきた。
「何巻が好き?」
心の中で、(え~! Kさんが漫画読むなんで意外! 全巻持ってる? 信じられない!)と驚いてノーガードになっていたところに、パンチをくらった気分だった。 ちょっと嬉しいストレートパンチemoji 
引き続き言葉を失っている、頭の回転が悪い私に、Kさんは言った。
「私は、8巻が好き!」
そして、この巻の感想を、Kさんの豊かな語彙を交えてお話して下さった。 
何より、子どものようなストレートな質問を素敵だと感じた。
私も見習いたいものだと思ったが、真似っこするチャンスは少なかった。

しかし、最近は嬉しいことにチャンスが増えている。
「十二国記」ブームがジワジワと確実に広がっているのだ。
全巻(まだ完結していないが)読み終わった方には、質問している。
「誰が好き?」と。
読み進めている方には、ネタバレを避けるため、あーだこーだ言えずに嬉しい苦労をしているemoji
異世界である十二の国。 
現実の世界と比べたり、自分自身を見つめたり、ハッとしたり。 飽きない魅力がある。

ところで、十二の国には独特の風習や言葉がある。
例えば、海客(かいきゃく)=異世界に流れ着いた人のこと。
延王(えんおう)=延という国の王様。
ヨガをしている人なら、何かを連想するはずだ。
開脚の前屈。 猿王のポーズ。
いつか実現したいものだ。 十二国記アーサナ。
今は2つしか考えつかないが、大丈夫だ、私は運がいい。
5つ見つけたら、さり気なく行おう。 ふっふっふ♪
お元気ですか。

正月後の連休も、大寒波を理由に、ひたすらゴロゴロと読書を続けている。

読んだのは、「ゲド戦記」。 原題は「Earthsea」。
アーシュラ・K・ル=グウィン作のファンタジー小説。
近くの市民センターに、All6冊が並んでいた。
申し訳ないが、古めかしいイメージがあり、この名作を避けていたが、同名のジブリDVDを、遅ればせながら観たら、シンプルさにグイグイと惹かれた。 

「本物」だと思った。 では、偽者があるのかと言うと、そうではなく。
人間模様も、その生活ぶりも、発せられる言葉の数々も、知識を智慧に変換していくような佇まいを感じる。
一文を記しておく。
『ひとつの行動とつぎの行動の間の隙間のような、するということをやめて、ただ、あるという、それだけでいられる時間、あるいは、自分とは結局のところ、何者なのだろうと考える時間』
ふるふると細胞と心が振動し、コトンと収まるような、さり気なさだ。

いつも読書の時は音楽をかけないが、CD「静-Silence-」を試しに流してみた。 
いい感じ♪ 
このCDは、ヨガの師匠=綿本彰先生の監修だ。 最近のヨガクラスでも流している。 
いい感じ♪ 
読書にも、(当然)ヨガにも集中できる。 集中と言っても、するだけでなく、あるの時間もハッと還ってくるような優しく明るい感覚。 
彰先生も、よくおっしゃる。 「Do、Be、そしてFeel」。

 読書やヨガのお供に☆5つ

前回の日記に書いた、大長編「グイン・サーガ」のように、長い年月に渡って続く小説や漫画は少なくない。 完結かと思いきや、外伝が出版されたり。 登場人物たちが、まるで生きているかのように勝手に振舞う、とも聞いたことがある。 あるがままかー(笑)
ゴロゴロな時間は終わり、雪の国の、雪の国たる期間が始まる。
いい感じ♪

お元気ですか。

あれは昨年のクリスマスイブ。
市内の大きい書店で、「秘密の花園」を探していた。 
友人のブログで、この本のタイトルを見たとき、幼い頃にワクワクして読んだのを思い出した。 それだけで心が躍り、再び読みたくなっていた。 そして、ぜひとも、コンパクトな文庫版を手に入れたかった。 
めでたく見つけて喜んでいると、視界の中に信じられないモノを見つけてしまった(-_-;)

「グイン・サーガ」シリーズ  131巻と132巻。 外伝23巻。
2009年春に作者の栗本薫さんが亡くなった後、決して読めることがないと思っていた壮大な小説の、いわゆる「続き」が、よりによって3冊も……(-_-;)  
当然、栗本さんが書いたものではない。 
ああ、どうしよう。 読みたいけど買いたくない。。。
見なかったことにして、その場を離れる。 

「秘密の花園」は、一年の終わりに自分を顧みるのに相応しい本だった。
土や風、花の匂い。 病気がちな主人公のメアリーが、幼い自分と重なる。 
幸福感あふれる結末も嬉しい。 児童書っていいわぁ♡

こんなにまっとうな私の心に、チラつく「グイン・サーガ」の影。
図書館にもないし、決定的な安値の中古本もない。 
お金がもったいないのではなく、結末の見えない物語に再び手を染めるのが怖かった。
結局、買っちゃった。 図書券で(笑)

私の目の前に、3冊の「グイン・サーガ」。 執筆者はそれぞれ異なる。
豹頭の主人公=グインを中心に、様ざまな人間模様が繰り広げられる。
その世界固有の言葉がある。 太陽はルアー、月はイリス。 鼠はトルク、猫はミャオ。
砂漠や草原、宮廷。 異世界の版図に再び誘われ、懐かしい登場人物たちと再会。
ありがたいことに以前よりも展開が速い。 

 平和な量の雪。

頑張ったんだなあ。 
誰に対するともなく、そう思った。
「グイン・サーガ」の続編、個人的な感想は素晴らしいの一言。 
物事は変化する。 人は生まれ、死んでゆく。
この時代に生まれて良かったなあ。
訳もなく、そう思った。
物語は続く。 そして、始まる。
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日18:30~20:00(パワー)            
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]