忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

お元氣ですか。

いよいよ今週は雪マーク。
今朝も寒くて心が萎みそうだったが、身体が柔らかく弾みがあり、希望が広がる喜び。
きっと、昨日のヨガの恩恵だ。
週末の上京の恩恵だ。

土曜日に、夢叶ってのクリスタルボウルのレッスン。 音の学び。
すぐに青森に帰ろう、と思っていたが、何と!吉岡 瑛子先生のクラスが日曜日に臨時で開催されるという。
素晴らしい偶然。
という訳で、昨日の午前は綿本ヨーガスタジオにて、吉岡先生のRAJA ALL。

上京したのは金曜日だ。

運良く、更衣室で吉岡先生が声をかけて下さる。
「何度かお目にかかっていますよね」
嬉しい!
「はい。 多分2回程です。 2階のスタジオで」
今は3階だけだが、震災前は2階にもあった。
「まあ! そんな昔から! 嬉しいわ」
クラス前の貴重なお時間。 先生に御礼を申しあげる。
昨年、体調を崩した際、毎日のように先生のDVDで練習したこと。  これは以降も週末に続いていること。
恩人ですと。
感極まる!

さて、スタジオ。
ヨガマットが1枚敷かれるたびに、先生が優しい声をかける。
クラスが始まる。
大勢の中、柔らかな声がスーっと空間に染み渡る。
先生の動きは、若々しくもあり、より深みがあり、私達の呼吸が深まる。
マジックだ。

途中、新渡戸稲造さんの著者「修養」をご紹介。
「年をとる」より、「年を重ねる」、という表現。 
青春。 朱夏。 白秋。 玄冬。
心に希望を持つ。 いつでも青春。
ちょっと、メモ的備忘録(笑)

初めてのパターンのハーフナマスカーラ。
初めてのポーズ。
緊張と弛緩。
他に何もない世界が最後まで続く。

無空瞑想の終わりに、馴染んだ曲が流れた。
うとうと微睡む私は、思わず声を発しそうになった。
「まだ、目は閉じたままで大丈夫です」と。
危ない(笑)

力強い至福の時間が終わり、ロビーで再び先生が声をかけて下さる。
ヨガクラスだけでなく、スタジオのお楽しみ会?で先生の劇も観たと伝える。
ゲラゲラと笑い合う。

 
60歳と82歳の再会。 青春。
ありがとうございます\(^O^)/
PR

お元氣ですか。

今週は穏やかな天候で、自転車な生活だった。
数日ぶりにバス亭に今朝。
何と!
完成しているではないか!
待合室♪



まだ時刻表がセットされていないけど、手早く丁寧なお仕事だ。
ここは始発の次の停留所だから、待合室はできないだろうと思っていた。
嬉しい♪

バスでグルリと戸山団地を廻ると、何と!
イチョウの葉がすっかり落ちてしまった木が多い。
微妙な標高差だろうか。
市街地は、まだこれから黄色くなる木々が控えている。

今年はギンナンを拾おうかな。
土中に埋めて春にも食べてみようかな。
静かな、平和なウキウキが続いている。

お元氣ですか。

ここ10年間、木曜の午前はヨガ。 
戸山市民センターでのヨガ。
しかし、先週・今週と会場が使えない。
で、南佃のヨガルームの出番だ。
少人数ではあるけれど、場所を変えてのヨガ。
今日だけ、戸山ヨガ in 南佃。
とっても楽しみだった♪

開始時間は戸山に合わせての10時。
通常、南佃は10時半開始だ。

晴れて暖かく、もちろん自転車で家を出る♪
が、遭遇してしまった。
有得ない場所で立ち○便のオジサマ。
うわあ~、とブツブツ思う暇もなく、何か車の数も多い。
車の顔も怒っている。
まだ9時前。 いつもより30分早く出ているからかなあ。
環状線は信号の長さまで違うように感じた。

戸山の皆さんが南佃に来て下さる。
ようこそ!
畳ではない部屋に。 車の音がする部屋に。
小さな部屋に。
でも。 でも。
いつもの空氣が流れる。
大きな会場では、人との距離がある。
近くでお互いの息を感じた今日。

ありがとうございました!

 
楽しそうだね♪

帰り、いつもと違う道に寄り、遠くから白鳥さん達を眺めた。
空もたっぷり眺めて陽を浴びた。
今度は聞かせてね、あの「コ~」という声。

帰宅してから思い出した。
今朝、珍しい地震があったことを。
陸奥湾が震源。
青森市は震度1にもなっていなかったが。
我家周辺は地盤が固いと言われ、大きな地震ではあまり揺れない。
だけど、小さな地震や離れた所での揺れを拾う。
たまたま静かに座していた家族が言うには、「ズンッ」と何かのズレを感じた、と。

静かに平和に夜は過ぎていく。
明日もヨガ。 来週もヨガ。
とっても幸せを感じる♡

お元氣ですか。

日曜日。 晴天。
午前の諸々が一段落し、さて!ヨガの時間だ!  休日の自分のためのヨガ。
ん?  足がポカポカ。
確かに寒くはないけど、自転車をこいだ後だけど、いやに暖かい。
これはアレだよ!  
前日の体幹トレーニングのアレのおかげだよ。


最寄のバス亭に待合室を新築中(^-^)v

隔週の土曜夜、NHK文化センターに出向いている。
高坂先生の体幹トレーニングを受講して約1年だ。
前日のアレとは、足指の運動だ。
難しかったけど、こうして喜びをもたらしてくれている。

今回は、法事やら何やらが続き、ちょっとガス欠気味。 そんな時の運動って最高の疲れとりになる♪

えーと。  確か。
本格的な冬の前に身体を暖めるため、末端である足の指へのアプローチが前半のメイン。
立って状態で脚を伸ばしたまま、足指を使って歩く。
(正式名称はあると思うが)
これは今まで一生無理と思っていたが、何と!歩けた。  数分間で20センチ程だが。
先生の絶妙な説明のおかげ。
嬉しいよ~("⌒∇⌒")

この恩恵か、うつ伏せで片脚ずつ上げて円を描く、大の苦手のアレがいつもより上手くできたかも。
それから、同じくうつ伏せで、腕や脚を上げるアレ。  これも苦手だけど楽しかった。

終盤は仰向け。
大好きなのが続く。
骨盤を傾けるアレ(笑)以外は、ヨガのアーサナと似ているし。
ただし、シャバアーサナはない。
が、どなたかが質問をし、先生が答えている運動空白時、一瞬だが眠ってしまった。
何という心地よさ!

トレーニングは、今年中あと3回なのだが、都合で1回しか参加できない。
だからやるのよ! 1人で。
アレらを4つ。
で、正式名称もキッチリと覚えて新しい年を迎えよう\(^O^)/

お元氣ですか。

秋晴れの21日(日曜)、市内で「リーディング」の上映会があった。
そこから1週間、感慨に浸った日々である。

映画を観た後、早々とブログに綴り始めたは良いが、ピタリと筆が止まってしまった(-_-;)

「この映画では、エドガー・ケイシーの生涯を描かれるのかな~と、漠然と思っていた。
 観終わって今、地球の未来を想っている。
 喜びに満ちた未来を。
 そして、感慨深く想う。 私達の人生を。

 エドガー・ケイシーの名は、本で見たのが最初だ。
 かれこれ20年以上前。
 書店でヨガの本を探していたが、当時は少なく、レイキやケイシーの本と出会ってしまった。

 霊能者?
 催眠状態で病気の診断?
 その膨大な数のリーディングに驚き、『ヒマシ油』を古川市場で手に入れた。
 活用できなかった当時」

…と、書いている。
感慨に浸っちゃった理由。
おそらく、上映会で多くの仲間と喜びの再会をしたこと。
新たな繋がりも生まれ、幸せな氣持で映画を観れたこと。
そして、上映中に不思議な感覚が訪れ、心の奥底のムクムクとした変化に驚いたこと。

ともあれ、ここ1週間で、私達を取り囲む自然は、少しずつ確実に変わった。
普段、見慣れているものが、豪華に美しく色づいている。


バス亭前


スーパーふじわら近く


葉っぱちゃん


中央公園

映画の序盤では、実際にケイシーが残した療法で症状が改善された方々の声。
中盤から、療法を取り入れている多くのお医者さん達(記憶が曖昧)やケイシー関係者の声。 そこに、カルマと恩寵というキーワードがあった。
ちょうどウトウトしてきて、瞑想しているような頭の中が整理されていくような、夢見る不思議な感覚。
終盤には、祝福の水路という言葉も出現した。 う~む。

生きていること。
仲間達の人生。 素敵な笑顔。
難しいことはわからないけど、移り変わる景色と暖かな日々に、祝福を受けている!と感じた1週間。

今日から寒くなるゾー。
心の中のストーブに感謝して、GOだ!
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F・募集中      火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜・木曜とも満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12
14 15 16 17 19 20
23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]