忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

お元氣ですか。

夢の仰せの通りにゴマ餅を作った。
これを食した時に、フッと切り替えスイッチが入ったかのようであった。
甘いモノにあまり魅力を感じなくなった。 やはり麦よりご飯。 パンならばフカフカでなくハード系。 頭の中で去り行く食材があり、替わりの食材が浮かぶ。
これで良し!と思った。

タイミング良く、青森では貴重なハード系パンもある「モンドール」さんの復活をおしえて頂いた。 ありがたい!

仰せの通りに。 妙に氣になるものに目を向けることにした。
イザベラ・バードに関する講座があった。 申し込んだ(^-^)v
私の中では、アイヌやネブタに通ずる予感がする。
申し込んだ足で「モンドール」さんでパンを買う。 美味い!
そしてワ・ラッセでネブタグッズを買う。 

   豆絞りが氣になる

 雑草を育てよう&育てられよう

植物や虫の名前を覚えよう!

 晴れる度に迫力が増す

今週~来週は香功週間だ。 夏の間は初級功。 来月からは中級功。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
そして、健康でありますように。
PR
お元氣ですか。

近頃、とてもハッキリとした夢を見る。
あまりにも特定の人がハッキリと登場した場合は、その特定の人に聞くことにしている。
「夢で、こういう事がありましたが、何かお心当たりは?」と(笑)

我家でブームの『ゴールデンカムイ』最新刊に、秋田の「カネ餅」という米粉を水で練った餅が登場した。 どちらかというとウェットでなくドライっぽい餅。
その夜見た夢には、ヨガ仲間Aさんが登場し(最近2回目)、真っ黒な餅が仕上げられていく様を解説してくれた。 ラップでキッチリ包んで形成するのがポイントらしい。
翌朝起きてから、ネットで「秋田 カネ餅」と検索したら、その真っ黒な餅にヒットした。
ウェットなゴマ餅。 う~ん。 マンガと違う。 でも見たことあるが一体何処で?

Aさんに聞いたら、隣りにヨガマットを敷くBさんがゴマ餅名人だと教えてくれた。
Bさんも加わり、ゴマ餅談義。 他の人とも話すうちに、ゴマ餅を何処で見たか思い出した。 見ただけで食べていない。 食い物の恨み的な記憶か~。

その後も何だかゴマ餅が夢のお告げみたいに氣になり、とうとう作ることにした。 あの台風上陸の日だ。
てんさい含蜜糖を何処にしまったか探すうちに、賞味期限の切れた玄米餅粉を発掘。
おおっ! この発掘は嬉しい。
風雨が激しくなる中、蒸した餅を練る作業が随分手慣れているのに氣づく。
高校生の頃、バザーのために何度も蒸したり練ったりしたのを思い出した。 
そして、二度と思い出したくない、ヤ~な記憶も一緒に。 そうか、そうか。

 材料=餅粉・水・砂糖・すりゴマ

夜になり台風が近づく。 雨が激しい。 怖くて不安だ。
ふと思った。 この恐怖は何だろう? もちろんリンゴや農作物や危険な場所に住む人々の事は心配だが、もっと自分自身に関わる台風関連の不安。。。ないハズなんだが。。。 あった! 思い出した! 
幼児の頃だ。 台風の大雨の中、父が家の外へ出て窓に板を打ち付ける。
早く中に入ってー!と泣き叫ぶ記憶。 いまだにガタガタ震える。
守ってもらって生きてきたんだ。 

夢が、ゴマ餅が、台風が記憶を呼び覚ます。
その記憶をそっと抱きしめる。 そして眠る。 清清しくなる。
新しい朝。 新しい空と風。 新しい月。 今日は新月だ。

お元氣ですか。

今日もジリジリと太陽が眩しく暑い。
けれど朝夕は少しずつ涼しくなり、寂しさを感じるが、まだまだ半袖の季節。

 オハヨー\(^O^)/

空は青く庭には雑草が生い茂り、イイ感じの自然度なのだが、そろそろ「草刈り」の文字がチクリチクリと私を責める。 多分、この界隈でナンバーワンだ。 雑草率。
そんな時、素晴らしい本を見つけた。 
   「雑草と楽しむ庭づくり」(^-^)v

何が素晴らしいかと言うと、これを読んで庭の雑草の名前を知ることができた。
知りたかったのよ! 君の名を!
よく見る雑草86種を取り上げたそうで、カラー写真の角度も素敵だし、説明も読みやすく楽しい♪ 名前を知っても雑草は減らないが、精神的に落ち着く。
ノボロギク、ブタナ、ハルジオン、ヒメジョオン、ヒメオドリコソウ。

以上、図鑑編が主だが、実践編では「雑草を生やさない方法」「草取りの方法」など暖かい目線で書かれている。 涼しくなったら実践できるかも知れないレベルだ。

更に基礎知識編で「雑草とは何か?」「除草剤の問題点」など、重要な知識。。。ああ、頭が追いつかない(>_<。) しかし、地球規模の素敵さだ。

この本は図書館から借りている。
返却日までに雑草の、土の素晴らしさを読みきれないだろう。
でも、名前を知って呼ぶたびに元氣になる。 植物って凄い。
ありがとう!
お元氣ですか。

「シン・ゴジラ」を観てきた。 珍しく家族そろって。
実は前日から、何故か庵野 秀明監督の事が頭から離れずにいた。
かの「エヴァンゲリオン」で有名、夫人は美人漫画家の安野 モヨコさん。
心暖まる一冊が我家にもある。
 監督はオタク四天王

この映画が存在するとネットで知ったのが、夕方。
監督は庵野 秀明。 大評判。 青森でも(ここが肝心)…ヤッタ~上映中!
この条件で難物の夫も了解。 しかも夜だから安い♪
お盆の13日でなければ全員で行けなかったと思う。 神に感謝~!

という訳で、誰も予習をしていなかったのは大成功。
良い意味で期待を裏切られる場面が満載。 あ、野村 萬斎さんも…ふふふ。
目も耳も休む間がなかった。 そして、ゴジラが凄く怖い。
ハリウッド版のゴジラも大好評だったし良かった。 
けど、これは。。。。これは考えさせられる映画だ。 ゴジラを生んだのは誰?
政治。 想定外の出来事。 日本という国。 はみ出した人々。 
所々に散りばめられたホロリとなるシーン。 合掌。
エンドロールで立ち上がる人はいなかった。 次々と流れる神曲に世代が繋がる。
終わって色んな声が耳に入る。 
「あれ何だったの?」 「あの電車!」 「良かった~!」 etc!
会話が弾む。 監督、やってくれた。 この時期、この時代に。
是非、観て頂きたいemoji

また、若かりし庵野監督が自らウルトラマンを演じている作品がある。
お暇があったら(-_-;)
こ、こんなのアリ?の世界かと思うが、野村 萬斎さんと結びつけてしまう佇まい。
https://www.youtube.com/watch?v=jKAqpxRPrgQ
お元氣ですか。

今夜から雨が降るらしい。 約2週間ぶりになる。 
どうか多くの恵みの雨を、可能な限り優しくお願いいたします。

お盆商戦が始まった先週、スーパーで思わず買ってしまったモノがある。
 走れ!塩メロン
地元の工藤パンとアニメ「文豪ストレイドッグス」とのコラボ商品で、9月30日までの限定販売だそうな。 「クッキー生地にデニッシュ生地でバターを包み、表面には津軽海峡の塩を塗っている」、青森の菓子パン。 

首都圏のメーカーの品が多い。 それに驚いて、買わないけど時々見るパンコーナー。 
工藤パン、頑張っているなあ。 浅虫の名産「くじら餅」風の蒸しパンもある。

私の叔父は、別な地元パン屋の職人であり重役だった。
そして父の友人にも、やはりパン職人であり社長さんがいた。
どちらのパン屋も、とうの昔に姿を消している。
菓子作りが趣味だった若い頃、お二人から頂いたアドバイス数多し。
おじちゃんたちなら、米粉パンをどう作る? 食べたい人が多いんだよ。

お盆は、夫の叔父=北海道に青森の名産品を送っている。
名産品が似ているので、選びぬくのが楽しい。
冬は翁屋から。 お盆はアスパムから。
ホタテマヨネーズ缶。 ハチミツ入りでないリンゴ酢。 ネブタ煎餅など。
ここに太宰治パンを入れる度胸はない。 
会計をしていると、可愛い耳かきがあったので自分用に買った。
長年の愛用品を破損したので、調度良かった。
しかし! うっかり~! 耳かきも一緒に送ってしまった! 

氣を取り直して(^-^)v
今夜は戸山パワーヨガ。 お盆休みの方々も多いと思う。
暑さ対策に、ハートオブヨガ。 香功とハートオブヨガ。
もちろんクリスタルボウルを背負って行きまっせ~!
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F        火曜日10:30~12:00(ゆるやか) 水曜日10:30~12:00(パワー)    金曜日10:30~12:00(ゆるやか)    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日18:30~20:00(パワー)            
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]