忍者ブログ
ADMIN
青森発のヨガ日記&主婦の妄想♥小さいおばさんです♥
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

お元氣ですか。

先週よりは温かそうな今週。
来週は、新しい年へ向けてのカウントダウンというところか。
最後のヨガクラスは25、26日。
ゆるやかな内容で丁寧に(^-^)v


お待ちしています!

戌年。
お散歩中のワンちゃん達が堂々としているように見えた。
犬が笑うと、鳥も植物も喜ぶ。
だから人間もウキウキ。

ワンちゃん達は、よく私の足元をクンクンして離れない。
それを見て、大抵の飼主さんが「犬を飼っていますね」とニッコリなさる。
「いいえ」と答える。
この間、このように答えたら、飼主さんが「おかしいな」と不思議がる。
「子供の頃、飼っていました」と、私。
「やっぱり。 犬はわかっているよ」
おじいちゃまは嬉しそう。
うん! 犬は賢く可愛い!

犬に好かれる事が多いけど、たまに凄く嫌われる事もある。

さて、あまりお散歩中の犬に声はかけないが、我慢できなくなったりする。
目と目が合うと、つい「オハヨォォ~~("⌒∇⌒")」と、原型をとどめない声をデレデレ発してしまう。

すると、犬と同化した私に、「おはようございます!」と、飼主さんがキリリと声をかけて下さる事がある。
犬と会話していたのに(笑)
内心、非常にうろたえてしまう60才(笑)
すぐ人間に戻れな~い。

来週は、飼っていた犬の命日が来る。
たくさん雪が積もって寒い夜だった。
とても大きな身体と優しい性格。
心に灯りがともり、ちょっと切なくなる年末だ☆☆
PR

お元氣ですか。

12月に入ると、北海道から新巻鮭が届く。
夫の親戚からなのだが、ちょっとゲンナリしていた近年(-_-;)
でっかくて切り分けるのに時間がかかり、大変で(涙)
今年も鬱陶しく感じ、寒い玄関に数日放置orz

ところが、思い出した。
多分、パッキングしているのは夫の叔母。 鮭の横に菓子やら納豆を入れて下さるのだ。
慌て納豆を救い出す。
おっと!
今年は、鮭の捌き方が書いてある。
見事なイラスト入り。

「小さい魚5分で捌けます」
小さい、って(笑)
新巻鮭の小サイズということか。
順番に従う。
①頭  ②ハラ  ③ヒレ  ④(忘れた)
⑤輪切り(そっかー! 輪切りか!)
グシャグシャせずに、10分でできた~\(^o^)/

御指南の通り、頭とハラスは水に浸けておく。
あら煮で軟骨や目玉を独り占め。
焼いたハラスは皮がパリパリで、海を感じさせる。
輪切りの身は、分厚くて旨い。
ヒンナ、ヒンナ♡

きっと何人かに送っているのだろうな~。
そこに、我家も加えて下さってありがたい!
今までの荒んだ自分の心、反省m(_ _)m


鮭の写真も撮り忘れm(_ _)m

来年が楽しみ!
写真も撮るぞ!

お元氣ですか。

大雪の週末。
頭の中では、いまだにクイーンの楽曲が響き続けているが、パルテノ=ヨーグルトにはそろそろ満足感。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』後、「瞑想」について思考したりしている。
瞑想を行う場所や環境。

まず、沈黙、静けさ。
そして、ざわめき、音……なのかな? もっとハッキリとした言葉で表せそうだが、まとまらない。


冬の貴重な青

映画の最初と最後に、伝説のコンサートの場面が出てくる。
人、熱狂の波。 大騒音。
そこに一瞬の、測れない短い一瞬の静寂があったことだろう。
それがあったとして、どんな迫力の沈黙だろうか、と想う。

あらかじめ静かな場所での瞑想は、素晴らしい。
しかし、私の僅かな!瞑想体験の中でのベスト2と3は、決して静かな場所ではなかった。

3は、アウガの会議室にて。
(あ、こちらは静かだね)
ミャンマーの瞑想についての講義中に、講師の先生からのギフトだった。
決して瞑想するのが目的ではなかった(だろう)我々が、スッと目を閉じる。
ごく数分間。 何と素晴らしく感じたことか。

思ったものだ。
会議の始めに。 授業の始めに。
ただ目を閉じる時間が必ずあればいいのに、と。

2は、ハローワークにて。
失業保険の認定で、毎回1時間程待ち。
私語はないが、各種相談の方々の声やざわめきで、けっこう賑やか。
椅子に座ったまま眠ろうと目を閉じた。
ら、来た。 訪れた。 
至福の瞬間が。
ざわざわした音が、不思議な共鳴を始めて響き合う。
何だろう? これは?

みんな繋がっている。
愛しい。
耳に聴こえる音も、聴こえていない周波数も、全て美しい。
瞑想が訪れた、と思っているが、別の表現があるかもしれない。
聖なるざわめき。

今年の夏、似たような事があった。
市営バスの中、近くに立つ女性が、連れの男性(後輩とか親戚かな)に、窓から見える商店や建物の説明をしていた。
それは、小さなエピソード。 何氣ない微笑ましい内容を、上手に簡潔にお伝えしていた。
その声にか、内容にか、多分私を含め、満員の乗客が心の中で微笑んだ。
瞬間、流れた。 あの、職安で味わった平安!

「この美しい碧い星が、平安と愛で満たされるように
 どうか、私たちをお使いください」
   『黎明』(葦原 瑞穂さん)より
お元氣ですか。

日曜日、ふと思い立って映画を観てきた。
話題の『ボヘミアン・ラプソディ』である。
え? 青森でもやってたの? というノリで。

特に、クイーンのファンという訳ではなかった。
映画の主人公、フレディ・マーキュリーがいつ亡くなったのかも覚えていない。
でも、「キラー・クイーン」で衝撃を受けた高校生であったし、大学の後輩が作ってくれた最高の楽曲集に「ボヘミアン・ラプソディ」が入っており、そのカセットテープは何度も何度も聴いた。
映画「ロック・ユー」のヒーロー役を演じたヒース・レジャーが、そののち亡くなってしまったことも強烈な印象。

「行かなきゃ!」と思い、息子とGO!

近頃は、映画館へ行くとガラーンとして観客が1~2人という状態が多かったが、混んでいてホッ。 年齢層とても高し。

フレディの、歯の数が多いかもというエピソードを初めて知った。
インドで生活していたことも。
曲以外は、何も知っていなかった。
作中で、「君は伝説だ」とメンバーが言う。
伝説。 稀代のヴォーカリストだ。

自分の病を知った頃のフレディ。
それを観る我々の、年齢層の高い(笑)観客の人生も投影されているようで切ない。
本物のフレディ。 俳優さん(凄かった~)が演じたフレディ。
私達の胸の中のフレディ。
全部集結した映画なのかなあ。
クイーンのメンバーの微笑みが嬉しかったよ。


帰りはラーメン♡

その夜、あまりのコーフンで眠れなかった(-_-;)

あの日は暑かった。
昨日も暑かった。
今日の夜からグッと冬らしくなるらしい。
なかなかに厳しい気候だ。
それでも、映画を観ながら、みんなが心の何処かで地球の平和を祈ったような、そんな氣もするんだよ、フレディ。
ありがとう。

お元氣ですか。

大好きなネコ動画にヨーグルトが出てきた。
何かの理由で、ネコはヨーグルトを食べられないそうだが、大丈夫な種類もあるという。
2匹のネコちゃんが美味しそうに食べる。
いやぁ~♡、私もネコと同じの食べたいヽ(≧▽≦)/


それはパルテノ

一昨日、南佃の生協で買ってみた。
うわっ! 美味い!
もっふりとクリーミー!

昨日、再び生協にてパルテノを見つめる。
また食べたい。
買った(^-^)v

今日、新町に出かけた。
行きのバスの中で突如食べたくなった。
パルテノを。
簡単に見つかり、ストロベリーやブルーベリーソース付きも買った。
でも、やっぱり、砂糖不使用のプレーンにひかれる。

ネコと同じモノを食す!
間接的に動物と仲良くなった!

高校生の頃、同じクラスの男子から言われた。
「わだぢ(我々は)、おめ(お前)のごと、ネゴ(ネコに濁点)みたいだおなごだって影で言ってる」と明るい場所で。
ネコかぶりだとも言う。
私は泣きそうになった。

が、しかし。
今は何か嬉しいな♪
人間として生まれてきて、おまけに何らかの動物っぽいって。
ネコ。 Deko(子供の頃のあだ名だ)。 圭子。
いい感じだ。
年女として、残り一ヶ月。
ちょっと誇らしい(笑)
プロフィール
HN:
けいこ
性別:
女性
自己紹介:
けいこです。越後谷圭子。小さいおばさんです。
青森市内でヨガを指導させていただいてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


《お申込み&お問合せ》loveletter727@gmail.com
080-1819-3483

日本ヨーガ瞑想協会 登録講師
I ♥ Yoga レッスン予定
★南佃・きれい生活舎2F・募集中      火曜日(毎週)10:30~12:00        水曜日(毎週)10:30~12:00          金曜日(毎週)10:30~12:00    土曜日(月1回)18:30~20:00  火曜日(隔週)14:00~15:30    火曜日(隔週)18:30~20:00             
★戸山市民センター           月曜日(毎週)18:30~20:00  若干名募集中 パワーヨガですが、月末のみスタンダードな内容です。   木曜日は満席のため新規募集していませんm(_ _)m            
最新記事
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
バーコード
P R


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]